無料ブログはココログ

クラシックをジャズで演奏

 クラシックもジャズもお好きな方なら、ジャック・ルーシェをご存知ない方はいないでしょう。恐らくCDを何枚かお持ちになっているはずで、私が所持しているCDは全部で29枚。何しろバッハをジャズにアレンジして演奏したCDを出して、一躍有名になったフランスのピアニストです。

   1934年10月26日生まれなので82歳ですが、現役で活躍しています。ちょっとネットの《バッハをJAZZに!600万枚以上のセールスを記録したジャック・ルーシェ》というサイトをご覧になって下さい。ルーシェを詳しく紹介していて、嬉しいことに中にバッハを演奏している動画が4曲もあります。

   やがて、ルーシェはバッハだけでは飽き足らなくなったようで、バッハ以外のCDもいっぱい出しています。ラベルの「ボレロ」、ヴィバルディの「四季」全曲、モーツアルトのピアノ協奏曲第20番と24番などみんなトリオ演奏です。そして、ショパンの「夜想曲」全曲のソロ演奏もあります。

   バッハも最初は小曲だけだったのが、次第に大曲も演奏するようになり、「ブランデンブルグ協奏曲」「ゴルドベルグ変奏曲」「イタリア協奏曲」などみんなトリオ演奏です。まるで、バッハが最初からジャズで作曲したようで、まったく違和感がありません。是非、あなたのコレクションに加えて下さい。きっと大満足します。

石坂浩二氏と浅丘ルリ子さん

   「週刊文春」夏の特大号の「阿川佐和子のこの人に会いたい」のゲストは、浅丘ルリ子さんで、阿川さんの巧みな話術は浅丘さんから元配偶者の石坂浩二氏のことを色々と聞き出しています。何しろ、沢山のファンがいるお二人なので、この記事をお読みになってない方のために掻い摘んで紹介します。

   まず驚いたのは、浅丘さんと石坂浩二氏の仲を取り持ったのは加賀まりこさんで、結婚する前は石坂浩二氏と加賀さんは交際していたとはびっくりです。浅丘さんは本当はタイプではなかったのに、石坂氏があまりにも博識なので一緒になったら勉強になると結婚して30年も仲良く暮らしました。

   また、離婚した理由は石坂氏が自分の親の介護を女優の浅丘さんにさせるわけにはいかないという配慮で、離婚した今でもお互いに尊敬してるようです。最近、クイズ番組などに一緒によく出ていますが、石坂氏が浅丘さんをフォローしている感じがよく出ていて、喧嘩別れではないという浅丘さんの説明に納得します。

   この対談の中で、浅丘さんが石坂氏と「やすらぎの郷」の共演でこう言ってるのでちょっと書いておきます。《(久しぶりに)会ったら、全然普通でしたよ。穏和な人だし。それよりも、久しぶりに間近で演技を観て、お芝居がすごく素敵になってるなって感じました。…》と。お二人のとてもいい関係に拍手です。

切っても切れない映画と音楽

   映画と音楽と言えば、真っ先に頭に浮かぶのはアカデミー賞映画「カサブランカ」の中で効果的に使われていた「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」でしょう。あまりにもよく似合っているので、この映画のために作曲したと思っている方がいっぱいおられるかも知れませんが、映画を制作した10年前からあった曲です。

   実はこの曲、ジャズのスタンダード・ナンバーとして昔から私の大好きな曲で、何人かの違う歌手が歌っているCDを持っています。ともかく、非常に魅力的な曲で、一度聴いたら頭から離れなくなるのは間違いなく、この際、「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」の詳しいことを書いておきます。

   ウィキペディアによると、1931年にハーマン・フップフェルドが、ブロードウェイ・ミュージカル「エブリバディズ・ウェルカム」のために作詞・作曲した曲で、この劇中では、フランシス・ウィリアムズという歌手が歌っています。しかし「カサブランカ」ではドーリー・ウィルソンがとてもいい味出しています。

   映画では、ドーリー・ウィルソンに久し振りにクラブで再会したイングリッド・バーグマンが「あの曲弾いて」と頼む場面があります。ところが、わけあって別の曲を弾くと、更にお願いされて、やむを得ずに弾くハメになったシーン。「カサブランカ」はこの曲なくしては存在しないと言っても過言ではありません。では空港場面をどうぞ。

五郎丸選手のキック復活

   ラグビー、ヤマハ発動機の五郎丸歩選手が、昨晩、午後6時キックオフのトヨタ自動車戦に二季ぶりに出場し、すべてのキックを成功させて、14-11の勝利に貢献しました。しかし、夕方の時間のセイかテレビ中継が無く、追いつ追われつのいい試合を観ることが出来なくて残念です。

   そこで、この試合の詳しい経過がネットにありましたので、それから抜粋して掻い摘んで紹介しましょう。豊田スタジアムに27,871人の観客を集めた中、開始直後、ヤマハ発動機は自陣10メートル付近で反則をもらい、五郎丸選手のタッチキックで敵陣深く飛ばして好機をつくりました。

   でも、先制点は39分にトヨタ自動車がトライで5-0、このまま前半が終了します。そして、後半6分、五郎丸選手のキックを相手がキャッチミス、それを日野選手が拾い、連続攻撃から伊東選手が中央にトライして5-5の同点、五郎丸選手のコンバージョン・ゴールも成功して、ヤマハは7-5と逆転します。

   そして、13分にヤマハの反則から、トヨタのクロニエ選手がペナルティ・ゴールを決めて、再度、8-7と逆転です。しかし、21分にヤマハはスクラムから出たボールを連続攻撃でグラード選手が中央にトライし、更に五郎丸選手のゴールで14-8と再逆転。こんな面白い試合を観なくてとても口惜しいです。(ハイライト

6年前の記事にコメント

   2011年11月にアップした「摩訶不思議な名曲喫茶」にコメントを頂きました。6年も前のクラシック音楽の記事にコメントを頂くとは嬉しい限りで、早速、そのクラシック・ファンと音楽談義の花を咲かせたいところですが、コメントにメアドが書いてないのでそれが出来ません。知らない方と音楽の話をする機会なのに残念です。

   そこで、頂いたコメントの抜粋をちょっとお読みになって下さい。《お店にクラシック音楽がかかってなかったなんて、摩訶不思議ですね。小生は時々行きますが、お客がいなくてもクラシック音楽が流れています。女主人は、一日中音楽を聴きたいので、この店を開いたのではないかな、というのが小生の印象です。

   この間はクレメールの独奏でイザイの無伴奏ヴァイオリン曲を流していましたから、相当の通です。レコードが100枚近く積んでありますが、自宅にあるたくさんのレコードから聞きたい曲をもってくるので、時々入れ替わります。どんな曲がお好みか、行ったときは見せてもらっていますが、なかなかいいものがあります。…》。

   どうやら、私はその女主人のクラシックへの造詣の深さを知らなかったようで、近々、6年振りに名曲喫茶「カオリ座」に行って女主人と話して来ようと思っています。改めて「東京クラシック地図」を見たら《怪しさを漂わせながらも癖になる摩訶不思議な名曲喫茶》とありました。コメント、有り難うございました。

短いスピーチのテクニック

   現役で張り切って仕事をしていた頃、会社の朝礼の時に、社員全体が交代で短いスピーチをすることになっていました。結婚式などのスピーチを頼まれた時、人前で話すことに馴れていると役に立つだろうという社長の「おやごころ」で始めたものですが、いいアイデアだとかねがね思っていました。

   しかし、女子社員の中には当番になった朝はプレッシャーで、休暇を取って会社を休みたくなるという声もあったりして、いつしか消滅してしまいました。無くなったきっかけは、はっきり覚えていませんが、もっと続けるべきだったと思っています。確かに短いスピーチは、そこそこのテクニックを必要とします。

   そこで、ネットで調べたら《短いスピーチの作成に使える3つの構成要素》というサイトがありました。私はリタイアしてほとんどスピーチをする機会が無くなってしまいましたが、よくスピーチを頼まれる方や、朝礼スピーチに苦労されてる方は一読をお奨めします。コツを知ってると役に立つのは間違いありません。

   そこに書いてあることを要約すると、まず、最初に話すテーマをはっきり告げること。次にそのテーマのポイントを簡潔に話し、そして、最後に全体をまとめます。こうやって書くのは簡単ですが、聞き手に「なるほど」と思わせるにはそこそこのコツがあるのは言うまでもなく、是非、ご研究下さい。

驚く「ヴァチカン宮殿」の蔵書

   丸谷才一さんの随筆は、非常に面白い話が多く、何度、ブログのテーマに引用させて頂いたか解りません。勿論、引用した随筆のタイトルはちゃんと書いていますので、何も問題はないでしょう。今日は「人間的なアルファベット」(講談社)という本の[VATICAN(ヴァチカン宮殿)]からです。

   「ヴァチカン宮殿」とは言わずと知れたローマ教皇の宮殿です。ここにはポルノが何と10万冊も所蔵されているという話があるのだそうです。この話にはオマケがあって、第二次世界大戦中、ローマ爆撃を恐れたヴァチカンが、このコレクションをマイクロフィルムに収めセント・ルイス大学に保管したというのです。

   そんな昔にマイクロフィルムがあったのかと疑問を持った方に、丸谷さんは1870年には存在していて、戦争中、伝書鳩に運ばせて大いに活用していたと説明しています。ともかく、この凄い量のポルノを、堅いイメージの「ヴァチカン宮殿」が持ってるなんて、びっくりした方がいっぱいおられるでしょう。

   では、丸谷さんはこの話をどこから仕入れたかというと、セシル・アダムズ著「こんなこと、だれに聞いたらいいの?」(ハヤカワ文庫)。そして、この話の本当の出所はヴァチカン図書館にいた人がナチスの強制収容所で誰かに話し、アダムズさんはその人からの又聞きのようで、更にびっくりしてしまいます。

メール未送信を「メモ」に活用

   何か大事な事柄を身近にあるメモ帳に書いておきたくても、メモ帳を常に持っているのは面倒です。しかし、「スマホ」や「ケータイ」は必ずと言っていいほど、ポケットかバッグに入っています。そこで、私が実践している方法を披露しますので、是非、ご活用下さい。本当に便利です。

   その方法は「メール未送信の件名」に[◎メモ1(メイン)][◎メモ2(時系列)][◎メモ3(サブ)][◎メモ4(一時的)]の4つを予め登録しておきます。頭に◎を付けてあるのは、本当のメールの未送信と区別しておきたいためです。それでは、どんなことをメモしているのか具体的に例を挙げます。

   まず[◎メモ1(メイン)]には頭に○を付けてブログやネットの暗証番号、プリンター・リボンの型番、所持している洗濯機、冷蔵庫、テレビなどの型番(修理依頼に便利)、家の近くのポストの収集時間(土日は違う)、テレビに入ってるB-CAS番号、よく使う目薬など薬品名、テレビ録画のHDD機の詳しい使用方法など。

   また[◎メモ2(時系列)]には年月日の後に特別な出来事などを入れて時系列に並べます。また[◎メモ3(サブ)]には、参考に覚えておきたい事柄など。[◎メモ4(一時的)]には、買いたいCDや本の題名など買い物の備忘。この記事、前に書いた改訂で、更新が簡単でとても役に立ってるので再度紹介しました。

眼を疑う驚愕の破産情報

   今朝、ネットを見たら、眼に飛び込んだのが《【衝撃】ビルゲイツが破産していた》。マイクロソフトの創始者で世界長者番付1位を何年も連続したビル・ゲイツ氏がまさか破産するなど、考えられないニュースで、当然、フェイク・ニュースに違いないと誰だって思うでしょう。私などまったく信じませんでした。

   ところが、これは正真正銘の本当の情報で、「ビルゲイツ」と言っても、東京都世田谷区で建設工事業を営んでいた2015年設立の「株式会社ビルゲイツ」が、、6月28日に東京地裁から破産手続開始の決定を受けていたというのです。それにしても、こんな社名で登記する人がいるとは驚きです。

   恐らく、このニュースはアメリカのみならず世界中の話題になっているに違いなく、倒産した会社には悪いけど、この社名を付けた人を怒っているかも知れません。このニュースについてのネットの声は「めっちゃ驚いた」「マジかよビルゲイツ破産してるじゃねぇか」「よくこんな名前の会社で許可出るな」。

   余計なことですが、「株式会社ビルゲイツ」で検索してみたら、グーグル・アースらしきこの会社の建物の映像がネットにありました。そして、「東京経済ニュース」で株式会社ビルゲイツの倒産情報を詳しく紹介してるのは、このニュースの管理者が「ビルゲイツ違い」を必死に強調してるとしか思えません。

将棋ファンが堪らない記事

   将棋ファンにとって、堪らない記事が「週刊文春」最新の夏の特大号にありました。過去、現在を問わず《史上最強の将棋棋士は誰だ?》という読者アンケートです。方法は読者に最強の棋士三人を選んで貰い集計した結果、やっぱり1位は羽生善治九段で2位は大山康晴氏、そして、3位は何と藤井聡太四段です。

   あと、4位加藤一二三九段、5位枡田幸三氏、6位渡辺明竜王、7位中原誠九段、8位谷川浩治九段、9位佐々木勇気六段、そして10位は坂田三吉氏。「史上最強の棋士」と言われると、1位と2位はともかくとして、異議のある方は沢山いるのは間違いなく、むしろ、人気投票と見た方がいいでしょう。

   ちなみに、通算勝利数のベスト10は、大山康晴氏の1433勝が1位で、2位羽生善治九段の1375勝、3位はつい最近引退した加藤一二三九段の1324勝、あと4位中原誠九段、5位谷川浩治九段、6位内藤国雄九段、7位米長邦雄九段、8位有吉道夫九段、9位佐藤康光九段、10位桐山清澄九段と続きます。

   藤井四段が「史上最強の棋士」の3位に入っているのは、勿論、29連勝がモノをいってるわけで、佐々木六段の9位も藤井四段の30連勝を阻んだからなのは言うまでもありません。ともかく、将棋ファンが、現在、最も関心があるのは、藤井聡太四段が果たして未成年でタイトルを取るかです。出来たら「名人」を。

より以前の記事一覧