無料ブログはココログ

« 池上彰さんの興味津々コラム | トップページ | 見直しが進む「関ヶ原合戦」 »

毎日「オロナミンCドリンク」

  家の直ぐ近くのマンションの前に自動販売機があり、「オロナミンCドリンク」が出るボタンが三つ(普通はせいぜい二つ)もあって、毎日、私が必ず来るのを待ってる感じです。この飲物のことを、ウィキペディアをベースに 少し書くことにします。何しろ、このドリンクがのどを通る時の筆舌に尽くしがたい清涼感は抜群で、誰でもヤミツキになるのは間違いないでしょう。

   まず、この製造元は大塚製薬で誕生は1965年(昭和40年)2月ですから、もう55年前のことです。このキャッチコピーは長年、「元気ハツラツ!」でしたが、2002年からは「元気ハツラツぅ」となり、その理由は解りませんが、2011年からは再び「元気ハツラツ!」に戻しています。

 初代テレビのCM出演者は大村崑で「うれしいとねぇ、めがねが落ちるんですよ!」というセリフが使われていました。ちょっとビンに書いてある内容物を書くと、炭水化物、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、ビタミンC。つまり、人体に大切なビタミンがみんな入ってます。

  最初は出かけた時などに、私だけが飲んでいたのですがた、ある日家内に《昔からある「オロナミン」知っている?》と訊くと「知ってるわよ、昔、会社に行ってる時に時々飲んでいた」という返事が返ってくるではないですか。それ以来、二本買ってきて家内に渡すと、家内は「これ本当に美味しいわね」》と言いながらいつも喜んで飲んでます。やっぱり、物事は何でも訊くもだとつくづく思いました。それにしても、これ本当に本当に美味しいです。

« 池上彰さんの興味津々コラム | トップページ | 見直しが進む「関ヶ原合戦」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 池上彰さんの興味津々コラム | トップページ | 見直しが進む「関ヶ原合戦」 »