無料ブログはココログ

« 学者が裸で街の中を走った話 | トップページ | 輝きを増した藤井聡太七段 »

何となく江戸時代が解る呪文

 日本の歴史がお好きな方は、後藤武士著「読むだけですっきりわかる日本史」という文庫本をお読みになるといいでしょう。まず最初に江戸時代をマスターする呪文が載ってます。「いえやす いえみつ つな あらい よしむね たぬま てんめい ききん さだのぶ てんぽう おお みずの ペリー なおすけ よしのぶ ほうかん」。

   いえやすは、勿論、初代将軍の徳川家康、いえみつは三代将軍家光で「参勤交代」を生み出した張本人です。つなは五代将軍綱吉のことで「生類憐れみの令」で有名です。あらいは新井白石でこの頃から幕府では老中が政治を行っていました。よしむねは「暴れん坊将軍」で有名な八代将軍吉宗。たぬまは悪名高い老中の田沼章次です。

 そして、てんめいとは「天明の大飢饉」のことで、文字通りひどい飢饉が起きました。さだのぶとは老中の松平定信で幕府を立て直すため「寛政の改革」を行いましたが成功していません。てんぽうとは「天保の大飢饉」で幕府も限界がきた感じです。おおとは大塩平八郎のことをいい、苦しむ民衆にろくな手だてをしない幕府に乱を起こしたのです。

  みずのは老中の水野忠邦、彼は「天保の大改革」を実施しましたが失敗しています。ペリーとは言うまでもなく、アメリカの総督ペリーで4隻の黒船で浦賀にやってきて幕府に開国を要請します。なおすけは大老の井伊直弼、幕府の最期のあがきと言っていいでしょう。よしのぶ ほうかんは十五代将軍徳川慶喜が「大政奉還」を実施したことで、江戸幕府は終わりを告げました。これが江戸時代に起きた主な出来事です。でも、この呪文を覚えるのは簡単でないかも知れません。

 

« 学者が裸で街の中を走った話 | トップページ | 輝きを増した藤井聡太七段 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学者が裸で街の中を走った話 | トップページ | 輝きを増した藤井聡太七段 »