無料ブログはココログ

« とても甘党だった織田信長 | トップページ | 人類の危機を救うハムスター »

路線バスの団子状態の解析

 現役時代、私は通勤にバスを利用した経験が無いので、路線バスが遅延して数台のバスが前後に並んで運行してしまう状態を目の辺りにしていません。これを「bus bunching(バスの団子運転、団子バス)」と呼び、これがが起こるワケをアニメーションで体感できる「Bus Bunching Explained Visually」がネットにあります。

 ともかく、この状態は非常に不快なのは間違いなく、バスを、毎日、利用してる方にとっては、この動画はとても興味があるでしょう。何しろ、会社や学校に遅れることを心配してイライラしながらバスを待ってるのは、精神衛生上、最悪で、雨が降っている時などは絶対に避けたい状況です。

  何しろ、バスの団子状態により遅れても、乗客は運転手に「遅れたのに何で謝らないの?」と文句を言うくらいで、中には「遅延証明書」の発行を要求する乗客もいるようですが、運転手の方は「遅れるのがイヤだったらバスを使わないで欲しい」と言わんばからにいくら文句を言われても平気の平左です。

  ところで、これは日本ばかりで起きてる現象ではなさそうで、ネットに《スマートフォンアプリケーションによる「バスの団子運転」の防止》という論文を発見。どうやらアメリカのボランティアのソフトウェア開発者兼データ・アナリストは、彼の論文で"、バスの団子運転の防止にAnyLogicシミュレーションを使用し、バス乗降客の体験を改善することができればと考えたとありますので読んでみましたが、よく解りませんでした。興味のある方はご一読下さい。

« とても甘党だった織田信長 | トップページ | 人類の危機を救うハムスター »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とても甘党だった織田信長 | トップページ | 人類の危機を救うハムスター »