無料ブログはココログ

« 井上陽水の言葉は超魅力的 | トップページ | トランプ大統領が服用の薬 »

ズブの素人主演のテロ映画

 クリント・イーストウッド監督が2018年に制作した「15時17分、パリ行き」という映画をご存知でしょうか。つい最近、江古田駅近くの「ブックオフ」で見つけたDVD、ジャケットの裏に書いてある紹介記事をそのまま書くのがいいかの知れません。まったく予備知識が無く見つけびっくりです。

  ジャケットの説明は《2015年8月21日、世界中がそのニュースに釘付けになった。パリ行き高速列車タリス9364号で起きた列車テロ事件、その企てを阻止したのは3人の勇敢なアメリカの青年だったが、本作でその英雄を演じているのは、他ならぬ当事者本人たちである。

  少年時代から、思い掛けない経緯でテロに遭遇するまで、3人が互いに織りなす人生を追うのは監督のクリント・イーストウッド。3人にとってこの危機における最大の武器は友情であり、その勇気は実に500人以上の乗客を大惨事から救ったのだった》。つまり、3人のアメリカ人が危機を未然に防いだのです。

  この事件を知ったイーストウッドは、この実話を基に映画を作ることを企画し、出演者は俳優では無くて、実際に列車内で闘った三人の青年に出演を依頼することにしたのです。勿論、三人は演技の経験などまったくありません。青年たちは、天下のイーストウッドからの連絡に驚きながら依頼を承諾して映画が完成しました。この映画の「映画大辞典」、結構、いい点が付いているのでご覧になって下さい。調べたら「TSUTAYA」(03-5946-0140)にレンタルDVDがあるので借りられます。

« 井上陽水の言葉は超魅力的 | トップページ | トランプ大統領が服用の薬 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 井上陽水の言葉は超魅力的 | トップページ | トランプ大統領が服用の薬 »