無料ブログはココログ

« ヘミングウエイ原作の三映画 | トップページ | 何度も観たくなる珠玉の映画 »

「だじゃれ」で遊べる日本語

  何もいまさら説明することではありませんが、日本語は同じ言葉でも読み方が違い、そして、意味もまったく異なる非常に便利な特別な言語です。従って、この特殊性を利用して「だじゃれ」という言葉遊びが生まれました。ネットにこの「だじゃれ」を集めた「究極のだじゃれ集」がありますからご覧になって下さい。

  そう驚くような傑作はありませんが、中に気にいった作品が幾つかあるので書き出します。まず「夏の夜は パジャマじゃ暑い やっぱじゃま」「食いしん坊はまずくても苦い辛抱」「関西の人は建築にうるさいって?なんで屋根」。駄作ばかりでがっかりした方は自分で作るるよりありません。

  ところで、「だじゃれ」は日本語だけの遊びと思っていたら、何と英語でもあるのです。ネットに「英語でだってダジャレを言ってみたい!英語のダジャレまとめ」というサイトを発見しました。英語が得意な方はちょっとご覧になるといいかも知れません。最後に知る人ぞ知るの「だじゃれ」を紹介します。

 これは日本語と英語を交えた「だじゃれ」です。「犬小屋」のことを英語で何というかご存じでしょうか。その答は「KENNEL」、つまり、「ケンネル」で「犬寝る」と書けるのです。そして、もう一つ、日本語と英語をドッキングした「だじゃれ」です。辞書のことを「DICTIONARY」といいうのはどなたもご存じですが、その発音は「ディックショナリー」、この発音が少しナマれば「字ひく書なり」。そう聞こえたフリをして笑って頂けたら嬉しいです。

« ヘミングウエイ原作の三映画 | トップページ | 何度も観たくなる珠玉の映画 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヘミングウエイ原作の三映画 | トップページ | 何度も観たくなる珠玉の映画 »