無料ブログはココログ

« 生命の起源に迫る「JAXA」 | トップページ | 百人一首は平安朝和歌の証 »

坂本龍馬と「いろは丸事件」

 慶応3年(1867年)4月23日、現在の広島県福山市沖で坂本龍馬を代表とする海援隊が運行していた小型汽船「いろは丸」に、紀州藩の軍艦が激突、いろは丸が沈没した歴史に残る有名な事件があります。堀江宏樹著「本当は怖い日本史」によると、この事件は大規模な詐欺事件だというのです。

 いろは丸に積んであった金や武器といった荷物が汽船もろともに沈没、海援隊は大損害を受けたとして紀州藩を訴えたのです。その結果、「万国公法」という航海法をもとに紀州藩は敗訴して「8万3500両」を要求されました。ところが、紀州藩はそれを「7万両」まで値切りましたが、現在の貨幣価値でなんと180億円!

  そして、平成2年(1990年)まで行われた海底調査では、沈んでいるいろは丸の船体近辺から、龍馬らが主張してるような武器や金のたぐいはまったく出てこないのです。もともと、いろは丸自体、何も積んでいないのにお金を貰う目的で紀州藩の軍艦に衝突させた疑いがあるのです。

  そもそも、いろは丸は龍馬が率いる海援隊の所有物ではなく、大洲藩という現在の四国にあった小藩が投資を目的とし、必死の財源確保のために外国から購入した船なのです。それを龍馬は大洲藩から借り受けて、衝突を起こし船を沈め、紀州藩から莫大な損害賠償金をせしめたのです。何とも酷い人物でこれを読んで恐らく坂本龍馬のイメージが違ってしまったことでしょう。

« 生命の起源に迫る「JAXA」 | トップページ | 百人一首は平安朝和歌の証 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生命の起源に迫る「JAXA」 | トップページ | 百人一首は平安朝和歌の証 »