無料ブログはココログ

« 時速370キロのカーレース | トップページ | 京急線の踏切事故の一考察 »

心温まる元首相夫人の談話

 別に自民党を支持しているわけでは無く、個人的に何の関係もありませんが、クラシック音楽を愛し、かってドイツの首相とバイロイト音楽祭に一緒に行ったということだけで、元首相小泉純一郎氏のファンです。それにしても難解と言われているワーグナーの音楽を聴く政治家が日本に存在するとは驚きです。

 なのに音楽を愛する小泉氏がどういう経緯で奥さんと離婚し、それが表だって報じられてないのは何故だろうとかねがね思っていました。ところが、つい最近、33年前に別れた宮本佳代子さんが、雑誌の依頼で手記を書き、更にそれを補足した談話をネットで発見、すでに公開されていることなのでリンクします。

 何しろ小泉純一郎氏には俳優の長男の孝太郎氏とつい先頃結婚した次男の進次郎氏がいますが、もう一人三男が存在するのは誰でもご存知でしょう。そのことを語っているこの談話はきっと興味深く読まれる方がいっぱいいるはずです。実は私も、最近は兄弟三人が父を交えて時々食事をしてるのをこの談話で知りました。

  三男はすでに結婚していて、結婚式には父の純一郎氏は出席していないようですが、現在では三兄弟は普通に仲良く交流していることもこの談話で知り、平和を愛する私としてはとても嬉しく思いました。それにしても、ネットで思い掛けなく宮本さんの談話のYouTube小泉進次郎氏の談話に出合い、本当によかったです。

« 時速370キロのカーレース | トップページ | 京急線の踏切事故の一考察 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時速370キロのカーレース | トップページ | 京急線の踏切事故の一考察 »