無料ブログはココログ

« 進化の過程で喪失した器官 | トップページ | 複数存在するムンクの「叫び」 »

超初心者向けラグビー観戦術

 ラグビーのW杯日本大会の開幕が迫り、ワクワクしています。ラグビーが好きでも、まだ得点のルールさえよく解って無い方がおられるかも知れないので、本当に本当の超初心者のために、最低限、知っていて欲しことを書きますので、W杯観戦の参考にして頂けたら嬉しいです。

  まず、得点は、ボールを相手陣のインゴールに持ち込み地面につける「トライ」が5点。トライを取った後にボールを蹴りゴールポストの間をボールが通れば「コンバージョンゴール」と言って2点。相手チームの反則により、ペナルティキックの権利が与えられて成功すると「ペナルテイゴール」は3点。

  プレー中に、ボールをワンバウンドさせてから蹴る「ドロップゴール」も3点。相手チームの反則がなければ確実にトライを取れていた、という場面でレフリーの判断により決まる「ペナルティトライ」は2017年からコンバージョンキックが省略されて、一気に7点が入るようになりました、

 そして、最も多く発生する「オフサイド」の反則はサッカーのように解りやすくないので、レフリーの判定をそのまま信じるしかなくペナルティキックの権利が与えられます。また、ボールを前に投げる「スローフォワード」の反則も、ボールを前に落とす「ノックオン」の反則もレフリーの判定をそのまま信じるしかないでしょう。そして、陣地を前に進めるために相手ボールになるのを承知で、ワザとボールをタッチに蹴る「タッチキック」は作戦の一つです。では、ラグビーのルール」(動画)を書いておきます。ともかく早く来い来いW杯です。

« 進化の過程で喪失した器官 | トップページ | 複数存在するムンクの「叫び」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 進化の過程で喪失した器官 | トップページ | 複数存在するムンクの「叫び」 »