無料ブログはココログ

« 人が進化で体毛を失った理由 | トップページ | 「信用してね」がお辞儀と握手 »

あり得ない「タイムトラベル」

  「タイムトラベル」と言えば、タイムマシンなどに乗って、時間を自由に行き来することですが、あくまでもSFの世界の話で、現実には絶対にあり得ないと思っていました。ところが、最近になって、少なくても理論的には、過去へ時間旅行することは可能ではないかという主張が、物理学者たちによってなされています。

  それを証明するかのように、ネットで《世界的に有名となった10の「タイムトラベル」案件》というタイトルの記事を発見しました。この中から実際に起こったと言われる事件を二つばかり紹介しましょう。まず、最初は「モーバリー&ジョーダン事件(プチ・トリアノン宮殿の幽霊)」という話です。

  《1901年8月10日、フランス、ヴェルサイユ宮殿にあるプチ・トリアノンの庭でのこと。ここを訪れていたイギリス人教師のエレノア・ジョーダンとシャーロット・アン・モーバリーが、フランス革命時代にタイムスリップして、マリー・アントワネットやそのとりまきの姿を見たという》のです。

  そして、もう一つは「チャーリー・チャップリンの1928年の映画『サーカス』の中で、歩きながら携帯電話を使う女性」で、《2010年、映画製作者のジョージ・クラークが問題のこのシーンを発見しました。携帯電話のように見えるこの機器は、1924年に特許がとられたジーメンスの補聴器の可能性もある》とコメントがあります。あとの8つの事件は、ご自分でお読みになって下さい。話としては面白いのですがフランス革命が出てくるのはちょっと。

« 人が進化で体毛を失った理由 | トップページ | 「信用してね」がお辞儀と握手 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人が進化で体毛を失った理由 | トップページ | 「信用してね」がお辞儀と握手 »