無料ブログはココログ

« 世界1位陥落の大坂なおみ | トップページ | 鎌倉のフレンチと古歌「鎌倉」 »

一日が長くなりつつある地球

 天文学もどんどん進んでいます。ネットにアメリカの研究で「月が原因で地球の1日は長くなっている」という記事がありました。ということは、月の影響で地球の自転のスピードが遅くなっているのです。このことから推類すると、地球が誕生した当時の一日はとてつもなく短かったことが解ります。

  つまり、地球の自転は10万年に1秒遅れているのです。これを逆算すると、45億年前は地球の自転は一日に5時間程度だったのです。なぜ、このようなことが起きるかというと、月と地球の関係性でそうなるのです。どなたもご存知のことですが、月の引力によって潮の満ち引きが起きています。

 現在、45億歳の月は、地球から平均38万5000キロの地点にあります。しかし、地球と月の間に働く潮汐力のために、年間3.82センチという割合で、ゆっくりと螺旋を描きながら遠ざかっているのです。このため、地球の自転速度がどんどん遅くなっているのです。

  米ウィスコンシン大学マディソン校の研究チームは、天文年代学という新しい統計手法で地球の地質学的過去を探り、歴史を再構築しました。その結果、ちょうど14億年前の月は地球にかなり近い位置にあり、地球の自転も今より速かったことが判明し、当時の地球の1日は18時間程度だったのです。そして、地球の寿命は残り50億年と言われていますが、その時には一日の長さは何と44時間になる計算です。

 

« 世界1位陥落の大坂なおみ | トップページ | 鎌倉のフレンチと古歌「鎌倉」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界1位陥落の大坂なおみ | トップページ | 鎌倉のフレンチと古歌「鎌倉」 »