無料ブログはココログ

« 色々な歌手の「イエスタデイ」 | トップページ | 日本で唯一の地下鉄の踏切 »

140円で楽しめる日帰り旅行

 鉄道が好きな方の遊びに「一筆書き」があります。大都市近郊の鉄道の駅、例えば、東京駅と有楽町駅は隣の駅なのに、東京駅から反対の神田駅に行き、沢山の駅を経過して、最後に有楽町駅に着くのは、鉄道好きにとって究極の遊びです。それを実行するには、ルールに基づかなければなりません。

  通過する駅は一度だけで、二度通ってはいけないのです。勿論、途中下車も駄目で、ただひたすら電車に乗っているのです。つまり、大回りしてどうやって隣の駅に行くかということで、これを鉄道マニアは少しもバカバカしいとは思わないのです。しかし、この実行には出来るだけ多くの駅を通るルートを設計する必要があります。

  ところで、この大回りをするためには、鉄道規則があり、それを説明します。まず、このルールが適用出来るのは①大都市近郊区間のみです。②実際に乗車する経路に関係なく、最も安くなる経路の運賃が適用されます。③途中下車は出来ませんが、駅構内にある飲食店で飲んだり食べたりは自由です。

  では、実際に東京駅から有楽町駅までを140円で大回りで乗る経路(地図はクリックすると拡大出来ます)がネットにありますから、よくご覧になって下さい。ともかく、この大回りの旅は、経路を自分で考え、休日にでも実際に実行するのが楽しみなのは言うまでもありません。140円で楽しめる日帰り旅行です。

« 色々な歌手の「イエスタデイ」 | トップページ | 日本で唯一の地下鉄の踏切 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 色々な歌手の「イエスタデイ」 | トップページ | 日本で唯一の地下鉄の踏切 »