無料ブログはココログ

« 発明を実用化したエジソン | トップページ | NHKFMを録音する悦楽 »

イチロー選手が引退を表明

 昨晩、マリナーズとアスレチックスの試合後についにイチロー選手が引退を表明しました。昨晩の試合、イチロー選手は、ライトを守り、ラストバッターで出場しましたが、これが引退試合と言っていいでしょう。監督の配慮で、4度打席に入ったもののノーヒットでした。                                                           
                                                                                                 
 試合中にイチロー選手は試合後に記者会見をすることを言ってたようで、ボールがバットの芯に当たらないイチロー選手の苦悩の表情を見ていたら、引退表明を予感したのは私だけではなかったかも知れません。それにしても、ベンチのイチロー選手に一人も声を掛けないチームメイトに敬意です。
 
 ところで、今朝の朝日新聞「天声人語」の書き出しは《米国に記者として駐在したころ、マリナーズに入団したてのイチロー選手を追いかけた。……》で、アメリカのマスコミは《日本の記者はイチローのことなら、ひざの屈伸まで報道する》と。そのころ、チームの同僚がイチローにつけたあだ名は「ウィザード」(魔法使い)。                                      
                                                                             
 では、朝日新聞に載ってるイチローの主な軌跡を書き出しましょう。2010年に10年連続200安打を記録、2016年に日米通算4257安打を放ちピート・ローズの4256安打を抜き現在は4367安打。ともかく、野球の華は本塁打と思っていた人に安打の魅力を教えたのはイチロー(大記録集)です。 たった今、昨晩行われたイチロー選手の引退会見を見て、「正に最高の野球選手!」と付記したくなりました。


« 発明を実用化したエジソン | トップページ | NHKFMを録音する悦楽 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 発明を実用化したエジソン | トップページ | NHKFMを録音する悦楽 »