無料ブログはココログ

« イチロー選手が引退を表明 | トップページ | アカデミー賞の裏話 »

NHKFMを録音する悦楽

 オーディオの楽しみには、LPやCDを聴くことのほかに、NHKFMのクラシックやジャズのいい番組を見つけて、カセット・テープやMDに録音することがあります。録音の媒体は以前はカセット・テープが多かったのですが、最近は大抵がMDに録音することがほとんどです。
                                                                                                            というのは、まったく同じ型番のソニーのMDデッキを2台持っていて、それぞれをソニーのPT-27という凄いタイマーに繋げて留守録音し、最長80分×2=160分、つまり、2台のデッキの時間をずらしてまるでオープンリールデッキのように2時間40分の連続録音が可能になっているのです。
                                                                                                   ところで、NHKFMの番組を調べるには、昔は雑誌「FMファン」でしたが、すでに廃刊になってしまった現在、ネットの「FM番組表」を見るしかありません。クラシックは昔からの朝6時から55分「バロック音楽の楽しみ」が現在は「古楽の楽しみ」になり、そして、午後2時からの「クラシック・カフェ」も延々と続いています。
                                                                                                                                                                                     
  また、ジャズは、つい最近他界されたジャズ評論家児山 紀芳さんが司会されていた土曜日の午後11時から午前1時までの2時間番組「ジャズ・トゥナイト」(深夜は留守録)があります。児山さんの後はどなたが司会するのかと思っていたら、3月16日(土)は女性トランペッター市原ひかりさんでしたが実に素晴らしい司会でした。

« イチロー選手が引退を表明 | トップページ | アカデミー賞の裏話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イチロー選手が引退を表明 | トップページ | アカデミー賞の裏話 »