無料ブログはココログ

« 命令形の童謡が多い白秋 | トップページ | やっぱり楽しいオーディオ »

ヘレン・メリルのこれぞ名盤

   多摩美術大学、いわゆる「タマビ」を卒業し、本の装幀、似顔絵、イラスタレーターなどの仕事を本職としてる和田誠さん、映画や音楽にやたらに詳しく、その関係の本をいっぱい出版されています。その和田さんが書いた「いつか聴いた歌」(文藝春秋)に、一曲、私が好きなジャズのスタンダード曲が載っています。

   そのタイトルは「You’d Be So Nice to Come Home To」、邦訳すると「帰った時のあなたは素敵」。この曲にはヘレン。メリルがトランペッターのクリフォード・ブラウンをバックに歌っている名盤があり、何度繰り返し聴いているか解りません。 ともかく、二人のコンビネーション抜群にいいのです。

   この本の中で、和田さんは《この歌はたくさんの歌手が歌っていて、日本では何と言ってもヘレン・メリルの名唱がもっとも知られているだろう。そもそもこの歌の存在を知ったのはヘレン・メリルのレコードのおかげだという人も多く、実はぼくもその一人である》 と書いていますが、私はこの曲の存在はこのレコードの前から知ってました。

   ともかく、ヘレン・メリルは日本が好きで長いこと住んでいたし、日本のジャズ・ファンにも人気が高い歌手で、もしかしたら、このレコードを世界でいちばん評価したのは日本人かも知れないと和田さんは言ってます。ところで、クリフォード・ブラウンは1956年6月26日の雨の夜、交通事故で25歳の若さで他界しています。では、その名唱をお聴きになって下さい

« 命令形の童謡が多い白秋 | トップページ | やっぱり楽しいオーディオ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘレン・メリルのこれぞ名盤:

« 命令形の童謡が多い白秋 | トップページ | やっぱり楽しいオーディオ »