無料ブログはココログ

« 血液型とは何かの詳しい説明 | トップページ | 一週間経った年賀状の再読 »

テンポが超早いN響の「第九」

   昨年の12月31日に「紅白歌合戦」と同時に演奏していたマレク・ヤノフスキ指揮のN響の「第九」を録画しておいて、昨日、じっくり聴きました。毎年、暮に行われる「第九」演奏会は、このところずっと小林研一郎指揮の日本フィルの演奏を聴きにいくのが我が家恒例の行事でした。

   ところが、昨年はコバケンと日本フィルの組み合わせにによる「第九」はマチネーを東京中のどこのホールでも行わず、昼間の演奏会でなければ行かないと決めている私達夫婦は、涙を呑んで断念し、「第九」の生を聴きませんでした。そこで、必ず放送のあるN響の「第九」を待ちに待っていたのです。

   さて、ポーランド生まれのドイツ人のマレク・ヤノフスキのN響の「第九」、N響のオーケストラのメンバーの一人が演奏が始まる前に《かって体験したことがない早いテンポの「第九」》と言ってた通り、私が持ってる12人の指揮者の中でもこれ以上の早いテンポの演奏は無いのではないかと思いました。

 私もどちらかと言うと早いテンポの「第九」の方が好きで、出だしから圧倒されて、この調子で最後の「歓喜の歌」はどんな演奏になるのか期待しながら聴いていました。そして、聴き終わっての私の感想。決して悪い演奏ではありませんでしたが、やっぱり、コバケンと日本フィルの「第九」の方が好きです。

« 血液型とは何かの詳しい説明 | トップページ | 一週間経った年賀状の再読 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/74898727

この記事へのトラックバック一覧です: テンポが超早いN響の「第九」 :

« 血液型とは何かの詳しい説明 | トップページ | 一週間経った年賀状の再読 »