無料ブログはココログ

« 美しい筆致の文章と追憶の涙 | トップページ | 初の「成人式」は埼玉県蕨市 »

全国民に苗字を附けた理由

   明治8年(1875年)2月13日に公布された「平民苗字必称義務令」という法律をご存知でしょうか。この法律が公布されるまで、日本では武士や公家など身分が高い人以外は誰も姓を持っていませんでした。そこで、政府はこの法律によって、全ての国民に強制的に苗字を附けることを命じたのです。

   ところが、先祖から受け継いだ家名を持ってる人はよかったのですが、それが解らない人が多く、彼らは新しく苗字を考えなければならなくなりました。実は、この法律が出きた背景は、平等の見地からと思いがちですが、実はネットの記事によってそうでない事を知りました。

   それによると《「徴兵制度」を確立する上では、何処に何と言う名前の者が住んでいるのかを正確に把握することが最も重要であった。兵士となる候補者を集める上では、江戸時代までの様な多くの庶民が適当で(いい加減な)呼び名で呼ばれていた状態では確実に「徴兵制度」を遂行することが難しかった》のです。

   つまり、日本国民のすべてに苗字を附けることにしたのは、上下の格差を無くすためではなくて「徴兵制度」をスムーズに行う為には名簿をきちんと整備しなければならず、それにはどうしても苗字が必要だったのです。戦国時代の名残を払拭するためではなくて、本当の理由が別にあったとは驚きです。

« 美しい筆致の文章と追憶の涙 | トップページ | 初の「成人式」は埼玉県蕨市 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全国民に苗字を附けた理由:

« 美しい筆致の文章と追憶の涙 | トップページ | 初の「成人式」は埼玉県蕨市 »