無料ブログはココログ

« 全国民に苗字を附けた理由 | トップページ | 映画「カサブランカ」の後の話 »

初の「成人式」は埼玉県蕨市

   昭和23年(1948年)に始まった「成人式」、日本で初めて「成人式」を開催したのは埼玉県蕨町(現在の蕨市)なのをご存知でしょうか。当時の蕨町の青年団長が「何としても次代を担う青年たちに明るい希望を持たせ、励ましてやりたい」ということで主唱者になり、「第1回青年祭」を開きそれが発祥になったのです。

   会場は蕨第一国民学校内のテントで行われ、復員してきた先輩たちを暖かく迎えながら、自分たちの町を平和で住みよい文化の高い町にしようと話し合ったのです。その後、この慣習は全国に波及し、昭和23年に1月15日を「成人式」に決めたのです。しかし、平成12年に1月の第二月曜日に変更しました。

   そして、蕨市では成人の日制定30周年を記念して、昭和54年(1979年)1月15日に、城址公園に「成年式発祥の地像」が建立されました。ところで、世界の「成人式」はどうなっているかというと、中には成人になった記念に命がけのことをさせる国があり、きっと日本に生まれてよかったと思うでしょう。

   バヌアツ共和国の「成人式」は「バンジージャンプ」を行います。ただし、普通の「バンジージャンプ」ではありません。ジャンプ台は30メートル近いやぐらを組み、高さはオフィスビルの7階から8階。そこからヤムイモのツルを自分の足に結んでジャンプするのです。ではユニークな「成人式」のYouTubeをご覧になって下さい。

« 全国民に苗字を附けた理由 | トップページ | 映画「カサブランカ」の後の話 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/74920306

この記事へのトラックバック一覧です: 初の「成人式」は埼玉県蕨市:

« 全国民に苗字を附けた理由 | トップページ | 映画「カサブランカ」の後の話 »