無料ブログはココログ

« 大女優のコンプレックスの話 | トップページ | 英語の二つの別れの言葉 »

実際は無い「京浜東北線」

   ちょっと鉄道に詳しい方ならご存知のことですが、実は大宮と横浜間を走っていて「京浜東北線」と言われている路線は正式な路線名ではありません。正式には大宮~東京間は「東北本線」、そして、東京~横浜間は「東海道本線」と言います。つまり「京浜東北線」の路線名は実際には存在しないのです。

   何しろ「東北本線」も「東海道本線」も、「京浜東北線」とは別に存在するので、奇妙にに思うかも知れませんが、別の線路を走っていても、同じ区間なら路線名は一つというのが、JRの原則なのです。では、どうして「京浜東北線」と呼ぶかというと、ちゃんとした理由があります。

   もし、この電車を「東北本線」「東海道本線」と呼んだのでは、大宮より北に行く「東北本線」列車や、横浜より西に行く「東海道本線」列車と区別がつき難くなるからです。つまり、同じ「東北本線」「東海道本線」でも、停車する駅の数は違うし、横浜から「根岸線」に直通運転してるので乗客が乗り間違うと困ります。

   それに、大宮~横浜間は、東京駅発着にして乗り換えるより、直通で運転した方が通勤列車として利用しやすく便利。どうせ通しで運転するのなら、一つの名前をつけておいた方が解りやすいだろうという配慮から、「京浜東北線」という通称で呼んでいるのです。JRも乗客のために色々と考えています。

« 大女優のコンプレックスの話 | トップページ | 英語の二つの別れの言葉 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/74846277

この記事へのトラックバック一覧です: 実際は無い「京浜東北線」:

« 大女優のコンプレックスの話 | トップページ | 英語の二つの別れの言葉 »