無料ブログはココログ

« 赤穂浪士の「討ち入り」の発端 | トップページ | お奨めの楽しい「知的遊具」 »

便利な値千金の「コゼニ入れ」

   何年か前に手に入れたとても便利な値千金の「コゼニ入れ」を持っています。何しろ、中の仕切が幾つもあるのです。従って、500円、100円、50円、10円、5円、1円の6種類のコゼニをすべて別の仕切に入れることが出来て、更にもう一つ、ニュートラルの場所まで作っておくことが可能。

   つまり、受け取っても直ぐに分類出来ない場合は、取りあえずこの仕切の中に入れておいて、後で暇な時に正規の場所に入れればいいのです。実は、まだこの「コゼニ入れ」を持っていない時《こんな「コゼニ入れ」があればいいな》と思っていたら、偶然、池袋駅の地下道で売っていたのを見つけたのです。

   この「コゼニ入れ」を持っているお陰で、スーパーやコンビニで買い物をした時、826円を目にも留まらぬ速さで取り出すことが出来ます。また、1万円札しか手許にない際に3221円の買い物をしてこのまま出すと6779円のお釣りを受け取る事態になりますがこの「コゼニ入れ」が威力を発揮。

   221円を取り出して渡せばお釣りは7千円。そんな些細なことと笑うなかれです。時に相手が私の「コゼニ入れ」の中を覗き「ほほう」という顔を見るのも楽しいです。ところで、仕切りのある「コゼニ入れ」ならどこでも売ってると思っても簡単には手に入りません。ちなみにお札はクリップ型の財布を持ってます。

« 赤穂浪士の「討ち入り」の発端 | トップページ | お奨めの楽しい「知的遊具」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 便利な値千金の「コゼニ入れ」:

« 赤穂浪士の「討ち入り」の発端 | トップページ | お奨めの楽しい「知的遊具」 »