無料ブログはココログ

« 電話は最初「もしもし」の理由 | トップページ | 世界最小の国「バチカン市国」 »

4億年前の魚「シーラカンス」

 およそ4億年前に出現した魚で、当時は世界各地の淡水域に生息していましたが、7000万年前に地球から絶滅したと考えられていた「シーラカンス」という魚がいます。ところが、1938年、南アフリカ東岸の近海で捕らえられ、今なお、古代のままの姿で生息しているのが解り、大きなニュースになりました。

   この「シーラカンス」の生息域は、主にアフリカ南東沖コモロ諸島周辺の水深70メートル~600メートルあたりで泳いでいるのが確認されています。全長は150センチぐらいで全身が硬いウロコで覆われ、胸びれと背びれが葉っぱのような形をしていて、尾びれは三葉に分かれています。

   こうした特徴は、脊椎動物が魚類から四足動物へと分岐する頃の変化を今に伝える、貴重な生きた標本ともなっているのです。この「シーラカンス」、1938年に魚師の網にかかった時、たまたま近くに海洋学者のJ・スミス博士が滞在していて、この魚を古代種と見抜いたことから注目を集めました。

   ところで、「シーラカンス」が4億年もの間、生き長らえてきたのは、勿論、環境の変化に巧みに適応してきたからですが、最大の理由は味がまずく人間が食べなかったからのようです。では、世界中の水族館が、何とか手に入れたいと躍起になっている「シーラカンス」が実際に泳いでいる映像です。

« 電話は最初「もしもし」の理由 | トップページ | 世界最小の国「バチカン市国」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/74735755

この記事へのトラックバック一覧です: 4億年前の魚「シーラカンス」:

« 電話は最初「もしもし」の理由 | トップページ | 世界最小の国「バチカン市国」 »