無料ブログはココログ

« 殿様の世話をするマニュアル | トップページ | 11月22日は「いい夫婦の日」 »

「人の名前」が出てこない対策

   丸谷才一さんの随筆に「ほら、ほら、あの……」というタイトルの一文があります。そうです。会話をしていて、中々、人の名前が出てこない現象です。すると、どういう会話になるか、丸谷さんの文章をそのままコピーしましょう。「こういう話がある。えーと……」とそこでわたしはつかえてしまった。

   「随筆で読んだんだ。ほら。彼の随筆。名前、出てこない」「彼って?」「うん、彼。それが出て来ない」「随筆家?作家?」「いや、作曲家。芸大教授。たしか文化功労者か文化勲章。随筆がうまくってねえ。えーと……」「ま、名前はいいや。どういう話なの?」と促されてわたしはしゃべった。

  「その作曲家が学生時代、信州で山歩きして下山したときの話。麓近いところで、兎が一匹駆け降りて来て、すぐ前の木の株にぶつかって倒れた。見ていた猟師らしい。スキー帽の男がひょっと拾いあげ『晩飯はこれにしよう』とつぶやいて、持ち帰った。それを見て柴田さんは……あっ、柴田南雄だ。

   その作曲家……柴田さんは思ったんだな、おや『待ちぼうけ』そっくりじゃないか」とわたしが言うと、友達は「思いだせて、よかったな」と笑った。「うん、出て来ないと、いつまでも気になって困るからな」とわたしが言った。という具合にふいに出てくるのです。ネットで《「名前が出てこない」がピタッとなくなる方法》(歳のせいではなく「努力不足」が原因だった)を見つけましのでお読みになって下さい。きっと役に立ちます。

« 殿様の世話をするマニュアル | トップページ | 11月22日は「いい夫婦の日」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/74640462

この記事へのトラックバック一覧です: 「人の名前」が出てこない対策:

« 殿様の世話をするマニュアル | トップページ | 11月22日は「いい夫婦の日」 »