無料ブログはココログ

« 「第九」の演奏の後に「蛍の光」 | トップページ | 廃棄してから後悔しない技術 »

「七五三」は子供の通過儀礼

   もうすぐ11月15日、この日は「七五三」で三歳の女の子、五歳の男の子、七歳の女の子が氏神様に無事に成長出来たことと、これからの守護をお祈りするため、神社にお参りする日本古来の行事の日です。そして、親戚が集まって食事をしたりして、大人になってから、結構、記憶に残っているものです。

   ところで、この起源については色々な説がありますが、ネットに「生類憐れみの令」で有名な徳川五代将軍綱吉が11月の中旬に我が子に髪置の儀式を行おうとしたが、これと言った吉日がみつからずに側近の者が調べた結果、二十八宿という選日法で最もめでたい鬼宿日が11月15日だったとあります。

   ともかく「七五三」は子供の通過儀礼で、三歳で行う「髪置きの祝い」、五歳で行う「袴着の祝い」、七歳で行う「帯直しの祝い」などの風習が合わさって出来たものと言うのが最も有力な説でしょう。江戸時代に神田明神、深川八幡、芝明神、赤坂山王などで子供の祝いとしての原型が出来ています。

   しかし、現代は11月15日が父親の会社の休みの日とは限らないので、11月の最も都合のいい日に「七五三」のお祝いをしているようです。ところで、子供のお祝いの3月3日も5月5日もどちらも歌があるのに11月15日には「七五三」の歌はないなぁと、この記事を書きながらふと思いました。

« 「第九」の演奏の後に「蛍の光」 | トップページ | 廃棄してから後悔しない技術 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/74527878

この記事へのトラックバック一覧です: 「七五三」は子供の通過儀礼:

« 「第九」の演奏の後に「蛍の光」 | トップページ | 廃棄してから後悔しない技術 »