無料ブログはココログ

« 外国人も好きな食物「TKG」 | トップページ | 「人の名前」が出てこない対策 »

殿様の世話をするマニュアル

   歴史学者で「武士の家計簿」の原作者、磯田道史氏の書いた「歴史の愉しみ方」を読んでいたら「殿様のお世話マニュアル」というタイトルの一文がありました。歴史学者は岐阜県の山奥の町の資料館まで行って古文書を見つけ、そこに書いてある殿様の身の回りの世話をする近習のマニュアルを紹介しています。

   それによると、殿様が朝起きると、まずうがい。近習はうがい道具と鏡を立て、身だしなみを整えます。朝食が済むと、またうがい。裃を着ている時は、汚さぬように着替えてから、入念にうがいをして貰うのです。江戸時代は上級武士ほど、口のマナーがうるさかったようで、お口が臭い殿様は許されなかったのです。

   このマニュアルが書かれている殿様は三万石の小藩ですが、学問藩として名高く、何でもマニュアル化してました。小泉純一郎首相が田中真紀子外務大臣に「重職 心得箇条」という大臣マニュアルを渡したそうですが、これもこの殿様の藩によるものがベースになっているそうですから驚きです。

   ともかく、磯田氏はこんなことを書いてます。《歴史学者にとってこの藩は有り難く、人間の振り付けをことごとく文字化してくれている。前近代人の知られざる意識や行動を調べる手掛かりの宝庫だ》と。つまり、古文書に書いてある殿様の面倒をみるマニュアルによって当時の人間の行動を知ることが出来るのです。

« 外国人も好きな食物「TKG」 | トップページ | 「人の名前」が出てこない対策 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/74629826

この記事へのトラックバック一覧です: 殿様の世話をするマニュアル:

« 外国人も好きな食物「TKG」 | トップページ | 「人の名前」が出てこない対策 »