無料ブログはココログ

« 歌詞が有る「笑点」のテーマ曲 | トップページ | ラヴ・コメディの佳作で傑作 »

「百人一首」編纂の藤原定家

   百人一首を編纂した人物は藤原定家であることはどなたもご存知でしょう。では、百人一首には全て番号がふってあって、最後の4首、97番、98何、99案、100番の歌は誰の作品か、百人一首に詳しい方なら、直ぐに答えられるはずですが、そうでない方のために紹介します。

   まず97番は藤原定家が自分で選んだ自作の歌で、《来ぬ人を 松帆の浦の夕なぎに 焼くや藻塩の身もこがれつつ》、98番は定家と並び称された歌の達人、藤原家隆の作で《風そよぐ 楢の小川の夕暮れは みそぎぞ夏の しるしなりける》、意識して自分の直ぐ下に入れたのでしょう。

   次の99番は、和歌一筋の藤原定家を高く評価した後鳥羽天皇の歌で「承久の乱」で島流しになっています。歌は《人も愛し 人も恨めし あぢきなく 世を思ふゆゑに もの思ふ身は》。そして、100番は、後鳥羽天皇の子息順徳天皇の《ももしきや 古き軒軒の しのぶにも なお余りある 昔なりけり》。

   さて、この4人の関係を説明すると、まず、藤原家隆は定家に並び称された歌の達人でもしかしたら定家の編纂を助けたかも知れません(私見)。後鳥羽天皇は藤原定家にとって大変深い関係にある天皇で、「百人一首の秘密」の著者林直道氏は定家の歌の中の《来ぬ人は》はこの天皇に他ならないと書いてます。そして、順徳天皇は父と同じに島流しになっています、この経緯を詳しく知りたい方は「承久の乱」をお読みになって下さい。

« 歌詞が有る「笑点」のテーマ曲 | トップページ | ラヴ・コメディの佳作で傑作 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/74509402

この記事へのトラックバック一覧です: 「百人一首」編纂の藤原定家:

« 歌詞が有る「笑点」のテーマ曲 | トップページ | ラヴ・コメディの佳作で傑作 »