無料ブログはココログ

« 高い所は時間が早く進む検証 | トップページ | 甘い物は「別腹」という現象 »

「こんにちわ」と「こんにちは」

   日本語の挨拶でよく使われる「こんにちは」は「こんにちわ」と書く人がいますが、正しくは「こんにちは」で「こんにちわ」は間違いなのは辞書を見れば解ります。また、「こんばんは」も「こんばんわ」ではないのは言うまでもありません。では、何で「こんにちは」や「こんばんは」でなくてはいけないのをご存知でしょうか。

   本来、誰かと顔を合わせた時に「今日は、ご機嫌いかがでしょうか?」の「ご機嫌はいかがでしょうか?」が省略されて「今日は」だけになったからです。そう言われれば「今日わ、ご機嫌いかかがでしょうか?」が明らかに間違いで、「今日は、ご機嫌いかがでしょうか?」でなければならないのは歴然としています。

   また、人様に何か差し上げた時、お返しを頂き、「大変結構なお品を頂戴し、有り難うございました」と言えばいいものを「かえって、すみません」と言うと、こちらから差し上げた品物と、お返しの品物との価値の比較のニュアンスになるので、出来たら「かえって」は言わない方がいいでしょう。、

   ともかく、言葉には微妙な差があり、例えば、「寒いねぇ」と言うのと「うすら寒いねぇ」と言うのでは、「うすら」がついてる方が強調している感じで、単に「あいつはバカだからなぁ」と「あいつはうすらバカだからなぁ」を比較するとよく解ります。言葉には常に注意する必要があります。でもバカを例に使ってはいけません。

« 高い所は時間が早く進む検証 | トップページ | 甘い物は「別腹」という現象 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/74333909

この記事へのトラックバック一覧です: 「こんにちわ」と「こんにちは」:

« 高い所は時間が早く進む検証 | トップページ | 甘い物は「別腹」という現象 »