無料ブログはココログ

« 甘い物は「別腹」という現象 | トップページ | 「点と線」のトリック&ホテル »

音がまったく出ない変な音楽

   音楽なのに音がまったく出ないジョン・ケージ作「4分33秒」というタイトルの曲が存在するのをご存知でしょうか。何しろ、ステージに登場する演奏家は、一音も出さずに退場するのです。従って、この演奏だけでは、お金を取ることは出来ないので、恐らくほかの普通の曲とのセットでしょう。

   ともかく、この曲の詳細について「4分33秒」のウィキペディアに書いてあるのでその記事から紹介します。まず、この曲は全3楽章からなり、楽譜には《第1楽章 休み 第2楽章 休み 第3楽章 休み》と書いてあるそうです。何しろ、全楽章に休止を表す「tacet」の指示があるだけです。

   演奏者はステージに登場してから、楽章の区切りを示す以外は楽器と共になにもせずに過ごし、一定の時間が来ると退場します。驚くのは用いる楽器の選択と所要時間は指揮者の裁量に委ねられていて、合計の所要時間をこの曲のタイトルにしてるそうですから何とも不思議な音楽(?)です。

   一般的に「4分33秒」と呼ばれている理由は、1952年8月にニューヨーク州ウッドストックで初演の際、ピアニストのディヴィット・チューダーが第1楽章を33秒、第2楽章を2分40秒、第3楽章を1分20秒、合計4分33秒にしたために、通称はこれが曲名になってます。では、音の無い珍しい演奏会をどうぞ。

« 甘い物は「別腹」という現象 | トップページ | 「点と線」のトリック&ホテル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/74353681

この記事へのトラックバック一覧です: 音がまったく出ない変な音楽:

« 甘い物は「別腹」という現象 | トップページ | 「点と線」のトリック&ホテル »