無料ブログはココログ

« かって男性がいた宝塚歌劇団 | トップページ | 5円玉と50円玉の穴の理由 »

日本語と英語の数字記憶術

   「ルート2」の1.41421356を「一夜一夜に人見頃」と覚えた経験のある方はいっぱいおられるでしょう。また、鎌倉幕府の成立1192年を「いい国作ろう鎌倉幕府」と覚え、今だに頭から消えない方が沢山おられるに違いありません。ところが、鎌倉幕府が出来たのは1185年に訂正になり現在は「いい箱作ろう」です。

   何でこうなったかの理由は、かっては、源頼朝が征夷大将軍に任命された年をもって、鎌倉幕府の成立としていました。しかし、征夷大将軍は軍事のトップにすぎず、現在の防衛大臣みたいなもので、歴史上、征夷大将軍に任命されても幕府を開かなかった(開けなかった)人物は大勢います。

   そこで、全国に守護・地頭を設置して行政権を行使したことをもって、源頼朝が実質的な全国支配が完了したと考え、この年である1185年を幕府成立とする方が妥当とみて訂正したのです。では、語呂合わせという便利なワザが出来ない英語圏の人が行っている知的な円周率の覚え方を一つ紹介しましょう。

   円周率は「3.1415926」、これを暗記するために次の文章を作りました。「Can I have a small container of coffee?」(コーヒーを小さな容器でひとつ頂けますか?)、つまり、単語の字数が円周率になっているのは言うまでもありません。時間がある時にオリジナルな傑作を作ってみたらいかがでしょうか。

« かって男性がいた宝塚歌劇団 | トップページ | 5円玉と50円玉の穴の理由 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/74146238

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語と英語の数字記憶術:

« かって男性がいた宝塚歌劇団 | トップページ | 5円玉と50円玉の穴の理由 »