無料ブログはココログ

« 色々な説がある源頼朝の末路 | トップページ | 太平洋は「太」で大西洋は「大」 »

サッカーの勝敗が引金の戦争

   サッカーの国際試合の勝敗が原因で戦争になった「サッカー戦争」と呼ばれる戦争があったのをご存知でしょうか。その国際試合は、1969年6月27日、メキシコで行われたサッカーW杯予選のエルサルバドル対ホンジュラス戦、試合は延長戦の末に3対2でエルサルバドルが勝ちました。

   ところが、中米で隣接する両国の国境線は、雨季と乾季で地形が大きく変動することから未確定の部分が存在したり、そのほか、移民問題、貿易摩擦などといった様々な問題があって以前からあまりいい関係ではなかったと言っていいでしょう。、つまり、両国はずっと火種を抱えていたのです。

   そんな関係にあった両国の試合の最中にサポーター同士の衝突が起こって、関係は更に険悪なものとなり、結局、試合直後の6月末には国交が断絶、そして、7月14日にエルサルバドル空軍がホンジュラスの空軍基地を攻撃し、本格的な戦争に突入。要するにサッカーの勝敗が引き金になったのです。

   そこで、米州機構が調停に乗り出すことになり、7月29日に停戦協定が成立したものの、両国の戦死者は何と2,000人にものぼりました。両国は1980年に和平に合意し、2006年には国境線画定文書に署名、遺恨の試合から37年を経て、ようやく紛争に終止符が打たれたのです。

« 色々な説がある源頼朝の末路 | トップページ | 太平洋は「太」で大西洋は「大」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/74270950

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーの勝敗が引金の戦争:

« 色々な説がある源頼朝の末路 | トップページ | 太平洋は「太」で大西洋は「大」 »