無料ブログはココログ

« 日本語と英語の数字記憶術 | トップページ | 「第九」演奏会に行けないワケ »

5円玉と50円玉の穴の理由

 6種類ある日本の硬貨のうち、穴が有るのは5円玉と50円玉。穴が空いてる硬貨は世界でも珍しいそうですが、何故穴が空いてるのか理由が書いてあるサイトをネットで見つけました。そのサイトによると、理由は3つで、①ほかの硬貨と区別するため②偽造防止③材料の節約、つまりコスト・ダウンです。

   5円玉が始めて世に出たのが昭和24年(1949年)、当時、日本は戦後の急激なインフレ状態にあったため、材料を節約してコストを下げたかったのです。5円玉で論じると、穴が有ると無いとでは、1枚当たり約5%(0.2グラム)、50円玉は約4%(0.15グラム)節約出来ます。

   5円玉が平成21年(2009年)に製造れた枚数400万3000枚で計算すると約800キロ、50円玉は500万3000枚製造しているので約750キロも節約したことになるのです。穴を空けるか空けないかで、こんな違いが出るのでは、政府としては全ての硬貨に穴を空けたい気分に違いありません。

   また、もう一つの理由に偽造防止があります。ともかく、硬貨の中心に丸い穴を空けるのは高度の技術が必要だそうですが、5円玉や50円玉を偽造する愚かな人間がどう考えても現れそうに思えず、やっぱり、製造コストを下げる以外に穴を空ける目的はなさそうです。

« 日本語と英語の数字記憶術 | トップページ | 「第九」演奏会に行けないワケ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/74151886

この記事へのトラックバック一覧です: 5円玉と50円玉の穴の理由:

« 日本語と英語の数字記憶術 | トップページ | 「第九」演奏会に行けないワケ »