無料ブログはココログ

« 非常に風情がある二首の和歌 | トップページ | ゴッホの幻想的な「星月夜」 »

標高の原点がある意外な場所

   山などの高さを表す言葉に「海抜」と「標高」がありますが、どちらも同じ意味で、平均海水面を0メートルとした時のある陸上地点の高さです。では平均海水面とはどこの海なのかと言うと、日本では東京湾が基準、ただし、海には満潮と干潮があって高さが異なり、いつの時点かを決めとく必要があります。

   そこで、明治24年(1891年)に定められたのが、東京湾の平均海面をもとにした「日本水準原点」。これが日本の「標高」の基準で、「日本水準原点」は何と意外にも「国会議事堂」の前庭にある神殿風の建物に収められているのです。そして、原点の標高は24.3900メートルになっています。

   実は、設置された当初は24.5メートルだったのが、大正12年(1923年)の関東大震災の地殻変動によって24.4140メートルに変更され、更に平成23年(2011年)の東日本大震災以降は現在の24.3900メートルになっています。つまり、震災は「標高」にまで影響するのです。

   そして今日現在、国会議事堂前を基準にした表示が全国各地の主要道路や県道沿いには2キロメートルごとに水準点が設置されいて、その数は全国で2万地点あるということです。それにしても、日本の標高の基準が「国会議事堂」の中庭の建物に収納されているなんて、大抵の方が知らなかったのではないでしょうか。

« 非常に風情がある二首の和歌 | トップページ | ゴッホの幻想的な「星月夜」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/74130333

この記事へのトラックバック一覧です: 標高の原点がある意外な場所:

« 非常に風情がある二首の和歌 | トップページ | ゴッホの幻想的な「星月夜」 »