無料ブログはココログ

« 人気が高まった「ドローン」 | トップページ | 化石が実に詳しく語る「恐竜」 »

突然知って驚くジャズの映画

   ジャズが関わる映画なら、知らないものは無いと思っていたのですが、映画字幕の作成者太田直子さんの「字幕屋の気になる日本語」(新日本出版社)を読んで、それが自信過剰であることを知りました。というのは、太田さんがこの本にエッセイを書いていてその映画の題名は「ラウンド・ミッドナイト」(「映画大辞典」)。

   太田さんはこう書いてます。《1959年、ニューヨークからパリにやってきた初老のテナー・サックス奏者デイルはジャズ・クラブで連夜のライブ。腕は衰えていないが酒癖が悪いので、周りは目が離せない。あるときから、彼に心酔するフランス人青年が物心両面で支え始める。この二人の深い交流が物語の主軸だ。

   デイルを演じるデクスター・ゴードンの存在感が圧倒的!彼は本物の一流ジャズマンで、俳優としてはずぶの素人なのだが、それゆえに音楽を語る言葉は深い。演技というより「素」に近いのだろう。でかい図体でよたよた歩き、さりげなく酒をねだる姿はちゃめっけさえ漂う。……》。

   つまり、この映画は私が好きなテナー・サックス奏者デクスター・ゴードンの実話のようなのです。なのに、私はこの映画を観てないばかりか、何と存在さえ知らなかったのです。早速、「映画大辞典」を見たら10点の人のコメントが《素晴らしい映画。珠玉の作品。ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、ロン・カーター、トニー・ウィリアムスの演奏シーンも痺れる》とあります。「山野楽器」に行ってもしかしたら廃盤になってるDVDを探さなくては。

« 人気が高まった「ドローン」 | トップページ | 化石が実に詳しく語る「恐竜」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/74057649

この記事へのトラックバック一覧です: 突然知って驚くジャズの映画:

« 人気が高まった「ドローン」 | トップページ | 化石が実に詳しく語る「恐竜」 »