無料ブログはココログ

« 石原裕次郎の謝罪の手紙 | トップページ | 歌川国芳の不思議な浮世絵 »

名詞に「the」の有無は重要

   時計をしてない時に、誰かに英語で時間を尋ねるフレーズに「What time is it now?」は誰でも学校で習った覚えがあるでしょう。この言い方は決して間違ってないのですが、通りがかりの知らない人に訊ねるには、ちょっと唐突な表現になってしまうのは否めません。

   つまり、この言い方は「ねえ、ところで今何時?」と言った馴れ馴れしいニュアンスになってしまうため、知らない人が相手の場合は避けた方がいいのです。それで英語では「Do ypu have the time?」「Do you know the time?」「What time do you have?」が一般的です。

   さらに、知らない人に声を掛けるのですから、まず冒頭に「Excuse me.」を言うのがエチケットです。そして、間違えても、「Do you have the time?」と言うつもりで、「the」を抜かして、異性に言ったら大変。これは時間を訊ねているのではなくて、「ちょとお時間ありますか?」になるからです。

   英語に精通している人はよくご存知のことですが、英語では「the」が入るか入らないかで、意味が大きく違ってしまい、時間を尋ねたつもりが、何と「時間があったら遊ばない?」になってしまうのです。恐らく、学校の先生は、「the」を抜かしたら大変なことになるのを教えなっかったに違いありません。

« 石原裕次郎の謝罪の手紙 | トップページ | 歌川国芳の不思議な浮世絵 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/74077474

この記事へのトラックバック一覧です: 名詞に「the」の有無は重要:

« 石原裕次郎の謝罪の手紙 | トップページ | 歌川国芳の不思議な浮世絵 »