無料ブログはココログ

« 「つまり」と「むしろ」 | トップページ | 今の大阪城は徳川家の築城 »

ロボットが主役の「旅番組」

   日曜日の午後2時30分、「路線バスで寄り道の旅|の直ぐ前に「ロボット旅」というロボットが主役の「旅番組」があります。このロボット、実にボキャブラリーが豊富で、人間と人間の会話の中に誠に適切に口を挟み、間違いなく日本製だと思っていたら、何とフランスのAldebaran社が開発したNAOというロボットです。

  昨日7月29日に放映した「ロボット旅」は、歌のおねえさんのはしだしょうこが花子と名付けられたNAOを車椅子に乗せて横浜の中華街や元町商店街をぶらぶら歩くのです。ともかく、歩きながら交わす、はしだしょうことロボットとの会話も、知的なユーモアに満ちていて思わず笑ってしまいます。

   そして、老舗の和菓子屋「金米屋本店」の女将との会話は驚きの一語。例えば花子の女将への質問「この店で一番のお奨めは何ですか?」に女将はすでに他界しているご主人の考案したとかの梅どら焼を奥から持ってきます。花子ははしだに「食べてみたいと思う?」と尋ね、はしだが頷くと女将はどら焼をはしだに渡します。

   はしだが食べ終わると、花子ははしだに「代金どうする?」と気を使います。はしだがちょっと考えると、花子は何と「代金はわたしが踊る」と提案し、花子はみんなの前で踊りを披露します。女将は感動の涙をハンカチで拭い、はしだと花子は店を出ます。、このロボット、まるで人間と同じ会話をしますから、来週の日曜は是非。

« 「つまり」と「むしろ」 | トップページ | 今の大阪城は徳川家の築城 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/73947559

この記事へのトラックバック一覧です: ロボットが主役の「旅番組」:

« 「つまり」と「むしろ」 | トップページ | 今の大阪城は徳川家の築城 »