無料ブログはココログ

« クラシックが次々と100曲 | トップページ | ショパンが作った19の歌曲 »

バナナの叩き売りの口上

   バナナは今やコンビニやスーパーで安く売られていますが、高級品で簡単に食べられない時代がありました。ところで、バナナが日本に輸入されたのは明治36年頃で、台湾北部の基隆(キールン)の商人が神戸に持ち込んだのが始まりとされていて、まだ台湾が日本の植民地の頃です。

   そして、台湾と最も地理的に近い北九州市の門司港は、バナナの荷揚げによって市場が栄えたのです。青い時に輸入したバナナは地下の室で熟成してから市場に出していました。しかし、輸送中に熟してしまったバナナは出来るだけ早く換金する必要があり、そこで考えられたのが「バナナの叩き売り」です。

   つまり、露天商などが街頭で軽妙な軽口でお客さんを集め、独特の口上てバナナを叩き売りしたのです。現在のように安くバナナが買える時代ではとても考えられないような話です。ともかく、口上は、多種にわたり、地域、売る人によりオリジナリティがあって、大いに人気だったようです。

   ネットに「門司港名物バナナの叩き売り」の動画がありますからご覧になって下さい。これが全国的に有名になったのは映画「男はつらいよ」の寅さんの影響(バナナの映像が無くてすみません)と言ってもいいかも知れません。しかし、「バナナのたたき売り」は次第に廃れ、地元では保存会を設けて保存に必死のようです。

« クラシックが次々と100曲 | トップページ | ショパンが作った19の歌曲 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/73838418

この記事へのトラックバック一覧です: バナナの叩き売りの口上:

« クラシックが次々と100曲 | トップページ | ショパンが作った19の歌曲 »