無料ブログはココログ

« 「ミロのヴィーナス」の両腕 | トップページ | 「つまり」と「むしろ」 »

クジラとカバは同じ祖先の説

   クジラについて、深く考えたことがおありでしょうか。海の中を泳ぎ、漢字で書けば鯨で、魚偏が付いているのにクジラは魚ではありません。ともかく、クジラはほ乳類です。ネットに「クジラは何処から来たの?」というサイトがありますので、この際、丹念に読んでクジラの祖先を調べてみましょう。

   このサイトによると、クジラの祖先は6500万年前に陸を歩いていた四ツ足の動物「メソニクス」と言われているそうです。しかし遺伝的な手法を用いて解析した結果、クジラの祖先は偶蹄目の仲間であるカバ科に最も近いという結果が近年報告されました。偶蹄目にはカバ科、ウシ科、シカ科、イノシシ科などがあります。

   形態学や遺伝学的な二つの研究からクジラの祖先とカバの祖先が同じ祖先の動物から進化していることがわかってきました。「メソニクス」がクジラの祖先ではないかというのは、前に何かの本で読んだような気がしますが、まさかカバとクジラが同じ祖先かも知れないというのはこのサイトで初めて知りました。

   つまり、白亜紀の7500万年前に「恐竜」が絶滅し、その隙間をぬって陸も海も哺乳類が急速に発展して多くの種が生まれ「哺乳類の天下」となったのです。「イクチオザウルス」等が絶滅していなければクジラは地球上にいなかったのではないかとも言われています。それにしても、クジラは不思議な生物です。

« 「ミロのヴィーナス」の両腕 | トップページ | 「つまり」と「むしろ」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/73936425

この記事へのトラックバック一覧です: クジラとカバは同じ祖先の説:

« 「ミロのヴィーナス」の両腕 | トップページ | 「つまり」と「むしろ」 »