無料ブログはココログ

« ダジャレ好きへのブログ | トップページ | 江戸時代にもあった大食大会 »

人に教えたくなる美味な食物

   スーパー「LIFE」に家内に頼まれて総菜を買いに行き、並んでいる品物を見ていたら、見ず知らずの品のいいおばさんが、ある品を指で指し、私に「これ召し上がったことあります?」と話し掛けてきました。言葉遣いが丁寧だったので、私はきちんと「いいえ」と答えると、その方は「これとても美味しいんですよ」と。

   折角、教えてくれたメンチカツですから、そのまま無視して売場を離れるワケに行かなくなり、追加の買い物にプラスチックの入れ物に入れ、そのご婦人に「有り難うございます」とお礼を言い、家内に頼まれた品物は確実に買ってスーパーを後にしました。その晩、食べたメンチカツ、おばさんの言う通りとても美味しかったです。

   ところで、私にも、売場に並んでいる品物の一つが美味しかった覚えがあり、知らない人に教えたくなったことがありましたが、食べ物の美味しいまずいは人それぞれの独自の感覚で、私が美味しいと思っても他人が同じ味覚を持っているとは限らず、教えるのをためらって売場を離れたことがありました。

   実は、私にはこのメンチカツ以前にも、漬け物売場で「この京都の漬け物、一度、食べたらヤミツキになるから、騙されたと思って召し上がって下さい」と中年の夫人に勧められたことがあり、その時は家内と一緒でしたが、その漬け物、今でも我が家の食卓に乗っています。やっぱり「召し上がる」の言葉は「美味」です、

« ダジャレ好きへのブログ | トップページ | 江戸時代にもあった大食大会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/73920156

この記事へのトラックバック一覧です: 人に教えたくなる美味な食物:

« ダジャレ好きへのブログ | トップページ | 江戸時代にもあった大食大会 »