無料ブログはココログ

« かって五輪にあった芸術競技 | トップページ | クラシックが次々と100曲 »

「みつまめ」と「あんみつ」

   甘党にとっては「みつまめ」と「あんみつ」はどちらもお好きなはずです。ところで、ある本に先に出来たのは「みつまめ」と書いてありましたが、勿論、それはそうでしょう。「みつまめ」は江戸時代後期から売られていましたが、今のように洗練されたものではなく、駄菓子屋で売られている駄菓子の一種でした。

   当時の「みつまめ」は、サイの目状の寒天と塩ゆでした赤エンドウが十数粒、それに彩りとして求肥や干し杏などを器に入れたものに黒砂糖をかけて食べさせるという、至極単純なものでした。お客さんの中には「天ぬき」といって寒天を抜いて欲しいと言う注文もあったとその本に書いてあります。

   そして、「あんみつ」が初めてこの世に登場したのは昭和5年のこと。銀座に店を出していた「お汁粉屋」の「若松」の二代目が、ご贔屓にしていた宝塚歌劇団の一員に、何か新しいメニューを頼まれて、当時、少し飽きられて下火になっていた「みつまめ」にあんこを入れることを思いついたのです。

   この新商品はたちまちお店で人気になり、大いに売れたのが「あんみつ」が出てきたきたきっかけです。銀座の甘味処「若松」は現在も存在し、何回か行ってますが、この店がまさか「あんみつ」発祥の場所とは知りませんでした。今度行ったらこの事を話して知ってるのを自慢しようと思っています。

« かって五輪にあった芸術競技 | トップページ | クラシックが次々と100曲 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/73823210

この記事へのトラックバック一覧です: 「みつまめ」と「あんみつ」:

« かって五輪にあった芸術競技 | トップページ | クラシックが次々と100曲 »