無料ブログはココログ

« 人に教えたくなる美味な食物 | トップページ | 「ミロのヴィーナス」の両腕 »

江戸時代にもあった大食大会

   ギャル曽根の食べっぷりには驚きますが、ネットに「江戸時代がわかるお役立ちサイト」があり、江戸時代にも大食い競争があったのを知ってびっくりです。中でも有名なのは文化14年に両国の柳橋の「万八楼」で行われたもので、この大会の詳しい様子は「文化秘筆」などの文献に残っているそうです。

   まず、お菓子の部ですが、現代の大会のように参加者が同じものを食べるのではなく、参加者は自分の食べたいものを自由に選び、その食べた量を競い合ったようです。神田に住む丸屋勘右衛門さんという56歳の方は、まんじゅう50個、ようかん7棹、薄皮もち30個、お茶19杯を平らげています。

   また、八丁堀に住む伊予屋清兵衛さんという65歳の方は、まんじゅう30個、うぐいすもち80個、松風せんべい30枚、たくあん5本まるかじりの記録が残っているそうです。次ぎに麹町に住む佐野屋彦四郎さんという28歳の方は、まんじゅう50個、もち100個を平らげています。

   そして、丸山片町に住む足立屋新八さんという45歳の方は、今坂もち30個、せんべい200枚、梅干し2升、お茶17杯という記録を残していますが、以上、4名の方の量を比較しても、どなたが一番多いのかさっぱり解りません。もっと詳しく知りたい方は、この記事をよくお読みになって下さい。まさか、江戸時代に驚きです、

« 人に教えたくなる美味な食物 | トップページ | 「ミロのヴィーナス」の両腕 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/73925119

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸時代にもあった大食大会:

« 人に教えたくなる美味な食物 | トップページ | 「ミロのヴィーナス」の両腕 »