無料ブログはココログ

« 類似性がある芥川賞候補作 | トップページ | チャイコフスキーと謎の女性 »

脳にいい「CS19ペプチド」

   人間の脳の改善に「CS19ペプチド」が有効なのをご存知でしょうか。昔から「初恋の味」といわれるカルピスは、この甘酸っぱさが美味しくて大好きです。このカルピスの素となる「カルピス酸乳」の長年の研究の中で発見された「CS19ペプチド」。「ペプチド」とはアミノ酸が2個以上つながった構造の化合物を言います。

   そして、「CS19ペプチド」とは「カルピス酸乳(CALPIS Sour Milk)」由来の19個のアミノ酸がつながったペプチドという意味を持っています。つまり、《人間の脳は「生命活動」「知的活動」「情緒的な活動」など、日常生活におけるあらゆる活動をつかさどっているのです。

   中でも物事を記憶、判断して、考えたり理解する「認知機能」は社会生活を営む上で最低限必要な機能だといえます。この、物事を考えたり判断したりする時に、脳の中では神経細胞が神経伝達物質を使ってさまざまな情報を伝えるという重要な役割を果たしています。ところが、加齢とともにこの神経細胞が減少。

   認知機能が低下することで「もの忘れ」などの症状が出ることが多くなるのです。「CS19ペプチド」は、脳内の神経伝達物質の1つであるアセチルコリンや、脳の栄養分のような働きをする「脳由来神経栄養因子」の量を増やすことで、認知機能を改善しているのです》。どうやら、カルピスは脳によさそうです

« 類似性がある芥川賞候補作 | トップページ | チャイコフスキーと謎の女性 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/73858525

この記事へのトラックバック一覧です: 脳にいい「CS19ペプチド」:

« 類似性がある芥川賞候補作 | トップページ | チャイコフスキーと謎の女性 »