無料ブログはココログ

« 1メートルを定義した方法 | トップページ | 洒落たアメリカ映画「脱出」 »

飲料水で苦労した徳川家康

   一昨日、徳川家康が関ヶ原の戦いによって、日本の覇権をほぼ決定づけたことを書きましたが、今日は河合敦著「徳川四代 大江戸を建てる!」(実業乃日本社)より、徳川家康が未開の地であった江戸をどうやってガラリと姿を変えて、世界有数の大都市にするまでの苦労話の一部を書きます。

   そもそも、家康が天下を取った後、すでに江戸城は老朽化でボロボロになっていたのに、何で江戸を本拠地に定めたかというと、家康は江戸の利点を熟知していたからです.。江戸の町は海に近く、水運にも恵まれ、北や西に向かっての陸路にも適していて、抜群の地理的条件に魅力を感じていたのです。

   ところで、家康が江戸に来て、最初に取り組まなければならなかったのは飲料水の確保。何しろ、徳川家が江戸に入りるに際し、家臣とそれを支える多くの人が江戸に移住してくることになり、当然、人口が急増します。従って、飲み水が不足してはそれこそ死活問題と言っていいでしょう。

   そこで、良質の水を調達するには深い井戸を掘らなければなりませんが、それには沢山のお金と技術が必要です。そこで、家康は川を堰止めて飲料水用のダムを作ることを考えたのです。それが「千鳥ヶ淵」と「牛ヶ渕」の二つのダムで、現在も皇居のお濠にその名を残しています。やっぱり、家康は偉いです、

« 1メートルを定義した方法 | トップページ | 洒落たアメリカ映画「脱出」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/73676864

この記事へのトラックバック一覧です: 飲料水で苦労した徳川家康:

« 1メートルを定義した方法 | トップページ | 洒落たアメリカ映画「脱出」 »