無料ブログはココログ

« W杯ロシア大会の仕組と予定 | トップページ | 楽しい「ネット・サーフィン」 »

右利きと左利き

   ネットで《なぜ一定確率で存在する左利きに関する驚くべき10の知識と研究》というサイトを発見しました。中々面白いので読む価値があります。世界的に見て人間は右利きが圧倒的に多く、左利きは約10%なのだそうです。しかし、私は基本的に右利きなのに、どういうわけか、ハサミだけは苦労しないと右では切れません。

   また、私が勤務していた会社の社員に右でも左でも普通にOKの人がいて、右手に持った箸と左手に持った箸を同時に使い、巧みに食事しているところなど実に芸術的で感嘆の声を発したくなりました。そして、左手で電卓を扱いながら右手で字を書いてる光景など、誰か呼んできて見せたいと思ったことがあります。

   それにしても、販売されている道具類はほとんど右利き用に作られているので、不自由を感じて、右利きになるように矯正してる人もいるようです。ところで、動物は右利きと左利きが50%だそうですが、どうして、人間は約10%の確率で左利きがいる理由はまだはっきり解明されてないようです。

   ただ、ある本によると、人間は大事な心臓を守るには右利きでなければならないので適応でそうなったという説。つまり、人間は戦う時、左手に盾を持って左胸の心臓を守りながら、右手に武器を持って戦うので、右利きでないと大変だからです。でも一塁が少し近い野球は絶対に左利きが有利なのは言うまでもありません。

« W杯ロシア大会の仕組と予定 | トップページ | 楽しい「ネット・サーフィン」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/73700226

この記事へのトラックバック一覧です: 右利きと左利き:

« W杯ロシア大会の仕組と予定 | トップページ | 楽しい「ネット・サーフィン」 »