無料ブログはココログ

« 睡眠中でも活動している脳 | トップページ | 双葉山の69連勝の詳しい話 »

超際どいカーリングの勝負

   平昌オリンピックの女子カーリング予選、日本がスウェーデンに勝って4強入りに王手をかけた映像の動画をインターネットで見つけたので紹介します。何しろ、日本はオリンピックでスウェーデンに一度も勝ってないので、最初から最後までテレビにしかみついて観て、カーリングの面白さを堪能しました。

   試合はシーソーゲームの展開で、日本は2エンドに1点を取ると、スウェーデンは3エンドに直ぐに同点に追いつき、4エンドに1点を取って2-1。しかし、日本は5エンドに1点を取って再び同点にしますが、スウェーデンは6エンドと8エンドに1点づつ加算して9エンドの開始時点では4-2と優勢です。

   ところが、日本は9エンドを実に巧みな試合運びで、4-4の同点に追いついて勝負は最終の10エンドにどちらが点を取るかの手に汗握る展開です。しかし、日本は9エンドに点を取った関係で、10エンドは先攻で、点を取るのが難しい状況です。そして、日本もスウェーデンも2投だけになった場面です。

   ちょっと、最後の画面をよくご覧になって下さい。日本のストーンの位置は、間を空けて二つ並んでいるので、もしスウェーデンの最後の1投が日本の2つのストーンを一度にテイクアウトすれは日本は万事休す。でもスウェーデンは、1つだけテイクアウトして自分がNo.1になる作戦が逆になり負けました。

« 睡眠中でも活動している脳 | トップページ | 双葉山の69連勝の詳しい話 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/72962493

この記事へのトラックバック一覧です: 超際どいカーリングの勝負:

« 睡眠中でも活動している脳 | トップページ | 双葉山の69連勝の詳しい話 »