無料ブログはココログ

« 判断する理性を失った恋愛 | トップページ | 知的な30の短編小説集 »

半年経ったトランプ大統領

   「週刊文春」8月3日号の池上彰さんのコラム「世界はトランプ抜きで」で、ドナルド・トランプ大統領の近況がよく解りました。トランプ大統領が誕生して半年、世界各国は、これから当分の間、アメリカ抜きでやっていくしかない「アメリカなき世界」の秩序づくりに動き始めたようです。

   例えば、日本とアメリカが中心になって進めていたTPP(環太平洋経済連携協定)からアメリカが抜けたことで、日本はアメリカ抜きの「TPP11(イレブン)」を進めることにしました。日本がEU(欧州連合)との間で大枠合意したEPA(経済連携協定)もその一環と言っていいでしょう。

   また、世界の首脳が集まるG7(サミット)も6プラス1、G20も19プラス1の構図になりつつあります。つまり、いずれもアメリカ抜きで進めようということになり、その中心になっているのはドイツのアンゲラ・メルケル首相でフランスのマクロン新大統領との関係強化に言及しています。

   要するにトランプ大統領のアメリカは「グレイト(偉大)」どころか、存在感が急激に消えているのです。それに国内でも、一段とひどくなる暴言やロシアゲート疑惑などで支持率は下がるばかり。にも拘わらずトランプ大統領の熱烈な支持者が結構いるのは何だか恐ろしい現象だと思いました。改めてNHKスペシャルをどうぞ。

« 判断する理性を失った恋愛 | トップページ | 知的な30の短編小説集 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/71271833

この記事へのトラックバック一覧です: 半年経ったトランプ大統領:

« 判断する理性を失った恋愛 | トップページ | 知的な30の短編小説集 »