無料ブログはココログ

« 水をあげると喜ぶ庭の植物達 | トップページ | 驚くべき14歳の将棋四段 »

プロ野球の「打率」と「防御率」

   言うまでもなくプロ野球選手にとって記録は重大な問題で、野手は「打率」、投手は「防御率」によって評価されます。何を今さらと言われそうですが、打率計算をする時の分子は「安打」であるのは言うまでもありませんが分母は「打席数」ではなくて「打数」なのをちゃんと認識されているでしょうか。

   では「打席数」と「打数」の違いが書いてあるサイトがあるのでお読みになって下さい。これは非常に納得のいくルールで、もし、敬遠されて歩かされた場合も分母に入っていたら打率が下がり不合理です。また、送りバントなどの犠打や走者の塁を進ますフライなどの犠飛を分母から除くのもは当然といっていいでしょう。

   また、投手にとって重大な意味がある防御率の計算方法も、この際、きちんと把握しておいた方がいいかも知れません。数式は防御率=(自責点÷投球回数)×9で、ちょっと解説すると、投げた回数に取られた自責点の割合でいくと一試合で何点取られるかが防御率です。

   しかし、自責点になるかならないかは大きな問題で、投手自身を含むエラーによる失点は自責点になりません。二死の時に誰かがエラーした場合は、それ以降、何点取られても自責点にならないルールになっています。ともかく、プロ野球には、知っているようで知らないことが沢山あるので取り上げました。

« 水をあげると喜ぶ庭の植物達 | トップページ | 驚くべき14歳の将棋四段 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球の「打率」と「防御率」:

« 水をあげると喜ぶ庭の植物達 | トップページ | 驚くべき14歳の将棋四段 »