無料ブログはココログ

« 「週刊文春」スクープの舞台裏 | トップページ | すかっとする映画「脱出」 »

バナナ1本を必ず毎日30年

   朝食にバナナを一本食べる習慣が30年以上続いています。よって10950本は確実に食べているわけで、積み重ねって凄いです。調達は私の役目で、最近は家内も私の仲間入りをして、スーパーかコンビニで買うのはいつも1房4本のフィリッピン製がエクアドル製、つまり2日分でこれなら皮が黒くなりません。

   ところで、バナナのなってる樹は背が高く、中には10メートルを越すのもあるそうで、植物分類上は「ショウガ目バショウ科バショウ属」です。そして、300以上の種類があり、栽培種の多くは種なしで、土の中で根を張って伸びていき、植えてから1年で花が咲き実がなります。

   標準のバナナで1本約86キロカロリー、茶碗1/2杯分に相当し、カリウム、マグネシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、ポリフェノール、セロトニンなどを含み栄養も豊富です。ということで、テニスの試合中に選手がバナナを食べてるシーンをテレビで見たことがあります。

   バナナのことをもっと詳しく知りたい方はネットに「バナナ大学」というサイトがあるのでご覧になるといいでしょう。この中にバナナの歴史が書いてあり《バナナの歴史は大変古く、紀元前5千年から1万年頃、偶然できた種のないバナナの苗を、人間が栽培化したのが、現在のバナナの始まり》だそうです。

« 「週刊文春」スクープの舞台裏 | トップページ | すかっとする映画「脱出」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バナナ1本を必ず毎日30年:

« 「週刊文春」スクープの舞台裏 | トップページ | すかっとする映画「脱出」 »