無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

冗談を真実と勘違いした話

   ネットで《イチローと交錯のバーンズ「解雇通告書」に苦笑い「部屋に貼って残していくよ」》という記事を見つけ、語尾の「残していくよ」を「残して(出て)行くよ」と解釈し、何でイチロー選手は解雇を止めるように球団に頼まないのだろうかと「何だか腑に落ちない出来事」という記事をブログにアップしました。

   それに対し、昨日、私のブログを前からよく読んで下さってる海外に非常に詳しい方から次のようなコメントを頂いたので、その全文を紹介すると《イチローの接触事故はゾッとしましたが、相手のバーンズにイタズラを仕掛けたのは同僚たちで、それを見たイチローがユーモラスな解釈で直筆のサインをしたのだそうです。

   バーンズがにっこり笑ってこのお宝メモを持った写真も載っています。彼は家宝にするそうです。書いてある内容が可笑しいでしょう?》とあります。つまり、アメリカ人らしいジョークをまともに捉えた私のミスで、イチロー選手の人間性を疑うような記事を書き恥ずかしい限りで反省しています。

   その方にコメントのお礼のメールを入れたら、次のような返信を頂きました。《相手が首になるなんてことはありません。チームメイトがいたずらして「You’er cut!Good luck in Korea!などと書いた紙をロッカーに貼ったのでイチロー選手がその下にサインしたジョークで笑の意味が分かりました。いやはや。

アカデミー賞の受賞スピーチ

   第89回アカデミー賞授賞式が今日2月27日(月)午前10時から行われ、WOWOWが生中継します。ノミネートされている映画の話題はさておいといて、今日は川本三郎著「アカデミー賞」(中央公論社)より、受賞が発表された時に受賞者が行うi色々なスピーチのことを書きます。

   第1回のアカデミー主演女優賞を受賞したジャネット・ゲイナーは「とても名誉なことだと思います」と言ったきり感激で言葉がつまり、それ以上スピーチが出来なくなって、「ありがとう」を繰り返すばかりで、何も内容のあることは言えないまま、涙を流して立っていたのは有名な話です。

   また、1953年に「ローマの休日」で受賞したオードリー・ヘップバーンは、新人らしく「これから勉強します」と謙虚なスピーチを行った後、よっぽど緊張してたらしく、貰ったオスカーをテーブルの上に置いたままステージを降りようようとして、あわてて戻ったと言う話が伝えられています。

   そして、授賞式史上最も長いスピーチで有名なのは1942年に「ミニヴァー夫人」で受賞したグリア・ガースンで《「不思議の国のアリス」みたいな気分です》と言ったあと、演技論、女優論とスピーチは延々と続き、その時間は何と一時間近く。ところで今年のスピーチ、どんなのでしょうか。では歴代の受賞作品一覧です。

トランプ大統領と報道機関

 まだ就任して一ヶ月のトランプ大統領に精神科医35名が連名で「精神的に不安定なので辞任すべきだ」という投書をニューヨーク・タイムズに載せ、物議をかもしています。ところで、今朝の朝日新聞に《批判メディア 閉め出し》という見出しで、大統領とメディアとの関係を書いています。

    それによると、トランプ大統領は2月24日、政権に批判的な報道機関を取材の場から閉め出し、好意的とみられるメディアだけを選んで取材に応じたというのです。 取材を認められたのは、保守系のFOXテレビ、ウォールストリート・ジャーナル紙、右派系ニュースサイトのブライト・バード・ニュースなど。

   政権とロシアとの関係を報じたり、精神科医の投書を載せたりしたニューヨーク・タイムズ紙やCNNテレビなどのほか、日本の報道機関も認められなかったそうです。普通、報道官の記者会見は、事前に登録をすれば誰でも参加して質問することが出来るのに、記者室の奥に一部の記者だけを招き入れたとか。

   AP通信やタイム誌は取材を認められていたが、抗議のため自分の方から辞退したほか、中には「もし取材の時に(閉め出しを)知っていたら参加していなかった」という報道機関もありました。トランプ大統領とメディアとの関係は最悪で、それに弾劾の話も出ていて、これから先どうなるのでしょうか。

3本の表計算ソフト

   現役の時に大いに活用していた3本の表計算ソフトがあります。勿論、「エクセル」がメインですが、あと、同じマイクロソフトで「エクセル」以前より市場に出ていた「ワークス」と、もう一本は「ロータス123」です。この三本を仕事内容に応じてケースバイケースで使い分けていました。

   表計算については「エクセル」が最高の機能を持っているのは間違いがなく、ほとんどこれを使ってました。ともかく、人間の考えつく関数を徹底的に網羅してるといっても過言ではありません。しかし、データベースについては、私の好みは「ワークス」で、大抵はこれを活用してました。

   何しろ、マイクロソフトのOSがウインドウズになる前から出ていたソフトで、データベースは私にとってこれに勝るものはないと言っていいでしょう。私など仕事以外にCD、LP、DVD、カセット・テープの管理はすべてこのソフトを使っていますが、使い勝手のよさは抜群でヴァージョン4.0を一度もアップしていません。

   そして、もう一本の「ロータス123」はマクロがベーシック言語とほとんど同じ感覚で使えるようになっていて、私にとっては「エクセル」のヴィジュアル・ベーシックより遙かに使い易いです。そんな訳で、この三本のソフトのお陰で、仕事が全う出来たと言ってもよく、その存在に心から感謝しています。

何だか腑に落ちない出来事

   ネットで《イチローと交錯のバーンズ「解雇通告書」に苦笑い「部屋に貼って残していくよ」》という記事を見つけました。記事を読んでみると、マーリンズのイチロー選手が2月21日にフロリダ州ジュピターで行われているキャンプの守備練習中に同僚と交錯し、右脚と腰を負傷したのだそうです。

   イチローと交錯したバーンズ選手はメジャーを5年経験している30歳の中堅外野手で、練習後、自分のロッカーにあった「解雇通告書」を見て思わず苦笑い、そして、「解雇通告書」の文面の下に記されたサインがイチロー選手の直筆だと知ると満面笑みで「部屋に貼って残していくよ」と言ったそうです。

   どういう状況で起きたことか解りませんが、練習中に接触してイチロー選手に怪我をさせたら解雇されて、しかも「解雇通知書」の文面の中にイチロー選手の自筆のサインがあるなんて何だか後味が悪いです。それに、解雇されたバーンズ選手が笑顔で「解雇通知書」を見せているのも不思議な光景です。

   大リーグではこんなケースで解雇されるのは当然なことなのでしょうか。また、大事なイチロー選手を怪我させたためにこんなことになってしまったのでしょうか。それにしても、イチロー選手が「私が怪我をしたために若い選手を解雇するなんて止めて欲しい」と球団に頼めないのでしょうか。何だか腑に落ちない出来事です。

ジャズ好き必携のアルバム

   何かジャズのことを書いたいい本がないか探してる方にジャズ・ベーシストの鈴木良雄氏が書いた「人生が変わる55のジャズの名盤入門」(竹書房)お奨めです。何しろ評論家ではないプロの演奏家が有名なアルバムとアーティストに順位をつけて評論してるのですからもう堪りません。

   その1位になってるアルバムは知る人ぞ知るの有名なマイルス・デイビスの「カインド・オブ・ブルー」。このアルバム好きで私などLPもCDも持ってます。鈴木氏の書いてることをちょっと紹介すると《このアルバムが1位になると思っていました。マイルスのアルバムの中で一番完成度が高いからです。

   このアルバムはマイルスとビル・エヴァンスが長い間構想を練って作りあげたアルバムです。…エヴァンスは一度退団したんですが、マイルスはこのレコーディングのために再びエヴァンスを起用したんです。…》。ともかく、このアルバムはマイルスとエヴァンスの豪華な組み合わせだけではありません。

   テナーサックスがジョン・コルトレーン、アルトサックスがキャノンボール・アダレイ、ベースがポール・チェンバース、ドラムスがジミー・コブ、なんという凄い顔ぶれでしょう。少し極端なことを言わせて貰うと、このアルバムを持っていなかったらジャズを語る資格が無いと断言出来るほどいいです。

「本能寺の変」の謎

   つい最近、本屋で宝島社発刊の小冊子と言うのがいいか雑誌というのが適切か解りませんが、タイトルが「新発見で迫る戦国の謎」を買って読みました。謎の一つは天正10年(1582年)6月2日未明に織田信長が家臣の明智光秀に襲われたと言われている「本能寺の変」についてです。

   ところで、なぜ明智光秀が謀反したかの明白な答はまだ出ていません。ともかく、これについては信長の旧臣太田牛一が著した信長の一代記「信長公記」に「(変は)思い掛けない事態」と想定外を強調してあったり、また、事件直前に光秀が詠んだ「ときは今 あめが下知る 五月かな」が根拠になってるようです。

   ところが平成年代に入って「本能寺の変」の研究は活況を呈し、議論の中心になっているのは、光秀の背後に何者かが介在しているという「黒幕説」です。その黒幕とされるのが長宗我部元親で、2014年に発見された元親が光秀の重臣に宛てた新発見の書状がそれを物語っていると言うのです。

   とは言っても確定的ではないようで、光秀の単独説が強いようです。余談ですが、私が何年か前、家内と京都旅行した時、本能寺に行きましたが、事件があった本能寺は焼けているので、別の所に建てた本能寺では何の感慨も起きませんでした。それにしてもこの本読んでも「本能寺の変」の謎は相変わらずです。

レバーとニラの組合わせ効果

   西武池袋線江古田駅近くに中華料理のチェーン店「福しん」があって家内と時々行きます。私が注文するのは常に決まっていて、必ずと言っていいほど「レバニラ炒め定食」で、これが滅法美味しいのです。ともかく、メニューのトップに載っているのでこのお店の看板と言っていいのでしょう。

   ところでこの料理、美味しいだけではなく、レバーとニラの組み合わせが抜群で、健康上も欠かせない食べ物なのです。ネットに「身体にいい食べ合わせ」というサイトがあり、レバーとニラの相乗効果が書いてあるので紹介します。まずニラはレバーの臭みを消す効果があるのは言うまでもありません。

   しかしニラの役目はそれだけでは無いのです。レバーにはビタミンB1が豊富に含まれていますが、ニラの匂いの成分アリシンがB1の吸収を高めてくれるのです。また、ビタミンB1は余分に摂ると体外に排出されてしまいますが、アリシンはビタミンB1と結合して体内に長くとどまらせてくれるのです。

   つまり、レバーとニラの組み合わせにはちゃんと科学的根拠があるのです。そのほか、とんかつとキャベツ、ステーキとクレソン、カレーとらっきょう、お刺身とシソの実、お寿司とガリの組み合わせなどみんな理由があるのをこのサイトで知りました。よくお読みになることをお奨めします。

路線バス番組と美空ひばり

   昨日、日曜日はお気に入りのテレビ番組があります。徳さん主演(?)の「路線バスで寄り道の旅」で、昨日は私の好きな日本橋、銀座界隈とあっては、むさぼるように観ました。ところで、昨日のゲストは篠原ともえで、明るい声を聞いていたら、ふと「美空ひばりトリビュート」というアルバムが脳裏をよぎったのです。

   というのは、かなり前に美空ひばりのヒット曲15曲をそれぞれ違う歌手が自分で編曲し、歌っているアルバムがあってかなりヒットしたことがあります。例えば「愛燦燦」をANRI、「港町十三番地」をさだまさし、他界された船村徹の名曲「みだれ髪」を五島良子がピアノを弾きながら歌っています。

   そして、最近はデザイナーが本業らしい篠原ともえが「お祭りマンボ」を軽快に歌っていたのを思い出しました。アルバムの中のノートに篠原ともえは《…アレンジも今までとはまったく違ったヘビメタ風になっています。かっこいいでしょう。きっと美空さんも大喜びです。…》と書いています。

   このアルバムの15曲目最後の曲は「川の流れのように」で、14人の出演歌手全員が「ウイ・アー・ザ・ワールド」風に歌って締めています。「路線バスで寄り道の旅」に篠原ともえが出演したお陰で、はからずも久し振りに「美空ひばりトリビュート」を聴くことになってとても素敵な日曜日でした。

初耳の二人の作曲家

   漫画家の砂川しげひささんの漫画はまったく見たことがないのですが、クラシック音楽を論じた本は何冊か持っています。何しろ、砂川さんのクラシック音楽についての造詣の深さは半端ではありません。例えば砂川さんが書いた「なんたってクラシック」(朝日新聞社)という本から知った二人の作曲家がいます。

   まず一人は、バルダッサーレ・ガルッピという作曲家で、砂川さんがミケランジェリの弾くベートーヴェンの「ピアノ・ソナタ ハ短調作品101」のレコードを買ったらB面にこの作曲家の「ピアノ・ソナタ第五番」が入っていて、砂川さんもそれで初めてこの作曲家を知ったというのです。

   一体、ガルッピの作曲した音楽はどんなかを知りたいと思ってネットで検索したら《チェンバロの慰め》より「ソナタ第3番ハ短調」のYouTubeがありました。でも、「ピアノ・ソナタ第五番」の第一楽章はメロディが魅惑的だそうで、今度、CD屋に行ったらこのCDの存在を聞いてみようと思っています。

   そして、もう一人はジャコモ・マイヤベーアという作曲家で、かなり人気があったのに、ワーグナーやブラームスからトコトンばかにされていたと砂川さんは書いています。ネットにこの作曲家の「戴冠式行進曲」のYouTubeもありますが、漫画家の砂川しげひささん、本当にクラシックの宝庫です。

食指が動く一本の最新映画

   いつも古い映画しか紹介しない私が、観たくて仕方がない最新の映画があります。最近、テレビを観ていたら、これは絶対にお奨めと言っている映画がありました。脚本と監督が32歳のディミアン・チャゼルのミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」で、かなり感動する映画のようです。

   ところで「週刊文春」2月23日号の映画欄をみたらこの映画が取り上げられていて、5人中4人が最高点を付けています。そのうち、コラムニストの中野翠さんのコメントを書くと《早くも今年ベストと確信!主演二人のプロ意識の凄み。夢物語でありつつ終盤の大人っぽい苦味。映画遺産への敬意。感涙》です。

   また、映画評論家森直人さんも《ずば抜けた新古典派。高偏差値で愛敬も抜群。85年生の監督チャゼルは映画の夢と魔法を全力で取り戻そうとしている》と。そして、作家の斉藤綾子さんは《ワンショットだけでない心が弾む映像演出は見事。ミュージカルのお作法的縛りはないのに、古き良き作品の香りも》と書いています。

   「映画大辞典」にはまさかまだコメントはないだろうと試しに見てみると《話題の映画「ラ・ラ・ランド」を海外で観てきました。…また観たいと心底思わせる作品です。日本で公開されてから、もう一度観に行こうと思います》が一人だけありました。家内に話したら映画館に行くのに乗り気になってます。では予告編です。

サッカーJリーグの改革情報

   今朝の朝日新聞にサッカーJリーグ、今季の改革情報が出てました。それによると、試合が終了した後、審判側と両チームの代表者が一緒になって、試合の中で審判が行った判定を検証することになったというのです。その対象となるのはJ1~J3の全試合だそうで、正式決定は23日のJリーグ理事会後です。

   その会議には試合全体を管理するマッチコミッショナーの立ち会いの下、試合の最初から最後までの映像を見ながら、試合を振り返るそうですが、その試合を担当した審判はその会議には直接参加しません。しかし、審判を評価する役割で派遣されている審判アセッサーが担当審判から話を聞いた上で参加するそうです。

   そして、両クラブからは社長ら代表者が席に着き、話を聞くことになりますが、どんな微妙な判定があっても試合結果が覆ることはありません。ただ、PKや警告、退場などの判定の妥当性や正誤についても議論し、審判アセッサーがその場で誤審を認めるケースも想定しているそうです。

   今回の試みは、審判側とチーム側がコミニュケーションを深め、ルールや判定への理解を求めて試合の質を高める狙いだそうで、審判批判のきっかけになる懸念はありますが、まずは情報をオープンすることに踏み切ったようです。でも、時に「本当は勝ってたのに…」などと後味の悪さが残ることがあるかも知れません。

料理が得意だった大女優

   古本屋で「高峰秀子 暮しの流儀 高峰秀子 松山善三 斉藤明美」(新潮社)というタイトルの本を見つけ買ってきました。女優の高峰秀子さん、脚本家で映画監督の松山善三氏ご夫妻はすでに共に他界されています。そして、2009年にお二人の養女になった作家の斉藤明美さんがお母さんの人となりを書いています。

   奥付を見ると2012年1月25日発行なのでそう古い本ではありません。高峰秀子さんと言えば、文章がうまく沢山の随筆を書かれているのも有名です。しかし、この本では養女になった作家の斉藤明美さんが、女優の裏側の日常の主婦としての生活を美しい文章で色々と書いています。

   例えば高峰さんが作る料理の話を斉藤さんの文章から抜粋します。《大根煮、カボチャ煮、ひじきの煮たの、ホウレンソウのお浸し、ナスの煮びたし……そういう「お袋の味」をせっせと作ってくれた。炊き込みご飯や鍋料理もしてくれた。鶏のひき肉を団子状にしたものが入った鶏鍋。

   中華風鍋ならレタスを煮たり、牡蠣雑炊というのもあった。それからマツタケご飯、タケノコご飯、ニンジンと生姜を細かぁく刻んで炊き込んだご飯、栗ご飯……。》を読んでいたら、モノが無い時代に作った名作「浮雲」の中での高峰秀子さんが何故かふと脳裏をよぎりました。この本、高峰さんのファン必読です。

「グーグル・アース」の効用

   「グーグル・アース」が最近、バージョン・アップしたようなので、昨日、ダウンロードしました。ともかく、このフリーのソフト大好きです。住所さえ解ればその映像がいつでもパソコンのディスプレイで観ることが出来ます。あまり活用してない方のためにこのソフトの凄さをちょっと説明します。

   このソフトを立ち上げて、住所を入れて検索すると、まず地球の全貌が画面に大写しになります。そして、目的の場所にカメラがどんどん近づいていき、やがて住所を表示して止まります。そこで、マウスの矢印をそこに持っていって、背中の「ホイールボタン」を回転させて拡大するのです。

   すると、その住所の建造物のいわゆる「ストリート・ビュー」と呼ばれている映像が出てきます。そこで、マウスを操作して好みの画面を探し、家の真っ正面を表示すると表札の名前まで見ることが出来ます。実は有楽町線要町駅近くに音楽評論家宮本英世さんが経営する名曲喫茶「ショパン」があります。

   「グーグル・アース」の凄さを体感して貰うために公表されている住所、豊島区高松2-3-4「ショパン」を入れて検索してみて下さい。店の入口の「ショパン」の字がはっきり読み取れるでしょう。ちなみに「グーグル・アース」の最新バージョンはこのサイトで無料でダウンロード出来ます。

23本の恋愛映画を紹介

   ネットで《思わず恋がしたくなる「大人のための恋愛映画」23選》というサイトを見つけましたので、ウルトラ映画好きとしては紹介しないわけにはいきません。この23本の映画、基本的には古い映画を入れていませんが、一本だけ64年前の1953年に制作したアカデミー賞映画「ローマの休日」(動画)が入っています。

   選者がこの映画を入れたくなったのがよく解ります。古さをまったく感じさせない優れた恋愛映画です。ご覧になってない方は少ないと思いますが、もし観てなかったら、TSUTAYAに行くより、巷で売ってる300~500円のDVDを買って持っていた方が何度も繰り返し観られます。

   この中には、私がどうしても推薦したい映画がほかに2本あります。まず1本は1989年の「恋人たちの予感」(動画)。実にいい映画です。ビリー・クリスタルが大晦日の閑散としたニューヨークの街をメグ・ライアンに会うために全速力で駆ける姿がいまも脳裏に鮮明に残っています。

   そして、もう一本は1995年の「恋人までの距離」(動画)。偶然、列車の中で知り合った男女が延々と交わす知的な会話に圧倒されます。お互いに連絡先を告げずに再会を約束して別れるシナリオの凄いこと。この二本とも会話が絶妙で、こんな素敵な映画を作る脚本家や監督に敬服します。是非ご覧になって下さい。

「年末調整」と「確定申告」

   「確定申告」の季節が到来しました。勤めてる人は会社で「年末調整」をしてくれるので、一般的には関係ないのですが、そうとばかりとは言えません。例えば「年末調整」が終わってしまった後に、結婚、出産があったりして、扶養者に変化があった場合は「確定申告」で修正することが出来ます。

   ご存知の方は沢山おられると思いますが、12月31日に子供が生まれたり結婚したりしても、税法では年の初めから扶養者がいたことにして計算されるので税金が還付されます。あと「年末調整」の対象にならない寄付や病気による支出があった時も定められた条件によって「確定申告」を行います。

   また、勤務先以外にアルバイトなどで収入があった場合は「確定申告」が必要になります。この副業による収入は、一見、解らないように思えますが、副業の会社が税務署に報告してるので、かなり後になっても解る仕組みになっています。従って、税務署から指摘される前に申告した方がいいでしょう。

   それから「年末調整」の時に会社に出し忘れた生命保険、火災保険がある場合や大きな「損害金」があったら、最寄りの税務署に行けば申告書の用紙をくれるので、3月15日(金)までに「確定申告」をします。余談ですが「年末調整」をしていても、「確定申告」の税金計算だけしてみると面白いです。ではその詳しい説明です。

「関数」に嬉しいコメント

   つい最近、《「エクセル」の超便利な関数》をアップしたら、昨日、それにコメントを頂き、活用してくれた事にすっかり嬉しくなっています。この関数、かなり「エクセル」を使いこなしている方が、この関数の存在を知らなかったことを思い出し、もしかしたらご存知ない方が沢山おられるのではないかと思い書いたのです。

   そのコメントの全文は《Excel に関する便利な活用法を教えてくださり感謝です。「値」を選んで実行して関数から実数に置き換えるのは、よく活用しているのですが、何せ、大量の数の氏名をアイウエオ順に並べ替えるにあたり、イチイチ別のセルにフリガナを付与しなくてもよい、というのは大きな光明ですね。

   私自身も、もっと Excel の関数を活用したいとは思っていますが、なかなか、面倒で…。でも、これは大変助かります。有難うごさいました》。実は私も初めてこの関数を知った時、飛び上がって喜んだ憶えがあります。何しろ、フリガナを自動的に作ってくれる関数があるなんて驚きで時間と労力の大節約です。

   ところで、もう一つ、複雑な計算式をよく使う方に、その計算式に関係しているセルとセルを矢印で結んでくれるコマンドがあります。その場所は[ツール]→[ユーザー設定]→[コマンド]→[ツール]、そして、[参照元トレース]以下6つのコマンドです。これをコマンド欄にドラッグ&ドロップすればOKです。是非、使ってみて下さい!

5年間絶食で生きていた生物

   深海に生息していて、水族館で5年間何も食べないで生きていた謎の生物「ダイオウグソクムシ」の事を今日の朝日新聞の「be」で詳しく書いているので紹介します。それによると、この生物はメキシコ湾やインド洋の深さ200~1000メートルの深海に生息し、日本近海にはいないそうです。

   しかし、飼育する水族館が次第に増えて少なくても日本全国15カ所の水族館にいて、三重県の鳥羽水族館が2007年に飼育を始めた「No.1」と呼ばれるオスが2009年1月に約50グラムのアジを食べたのを最後に2014年2月に息絶えるまで5年以上何も食べなかった記録があります。

   信州大学の教授の研究によると、この生物は24時間周期の体内時計を持っていることも解り、最初は個体ごとにバラバラな体内時計を集団になると次第に同調させることも明らかになったそうです。そして、個体間で何らかのコミュにケーションをとってる可能性もあるというのです。

   鳥羽水族館ではこれまで28匹を飼育、現在は7匹いるそうです。この水族館の飼育担当係は《少しづつ「ダイオウグソクムシ(動画)」の習性がわかってきています。世界でまだ成功していない人工飼育下での繁殖にもつなげていきたい》と言ってるそうです。ちなみに水族館は業者から一匹10万円で購入するそうです。

「エクセル」の超便利な関数

   現役時代、仕事で「エクセル」を大いに活用し、関数にこよなく愛着がある私は、いまだにこの魅力から離れられません。今日は「エクセル」を使いこなしている方ならよくご存知のはずですが、もしかしたら知らない人もいるかも知れない関数を披露しますからお使いになってみて下さい。フリガナ入力の手間が省けます。

   最初に説明のために「エクセル」を立ち上げて下さい。住所録や名簿などの氏名を五十音順に並べ替える時に必要なフリガナですが、キーボードから入力しないで自動的にフリガナを作ってくれる便利な関数 PHONETIC があります。例えば氏名をA列、フリガナを最終的にC列に入れるものとして説明します。

   まず、A1から下にサンプルとして佐藤、鈴木、高橋、田中、伊藤、渡辺、山本、中村、小林、加藤の10人の苗字を入れて下さい。そして、B1に=PHONETIC(A1)と入力し、それをB10までコピー、貼り付ければB1からB10までサトウ、スズキ、タナカ、イトウ、ワタナベ、ヤマモト、ナカムラ、コバヤシ、カトウと表示されます。

   しかし、これで完了したわけではありません。ここに表示されているのはあくまでも関数で、これを、ちゃんとしたフリガナに転換するためにはB列のすべてを「コピー」して、マウスの矢印をC1に持っていき「形式を選択して貼り付ける」を選び形式を「値」に変えて「OK」のクリックでC列にフリガナが表示されて完了です。

驚歎の難読地名

   先日、テレビのクイズ番組「究極の○×クイズSHOW!!」を観ていたら、アナウンサーの福澤朗氏は地名マニアとかで難読地名に挑戦してました。ご覧になった方は沢山おられると思いますが、折角、録画したことですし、このまま埋もれてしまっては勿体ないので書き出しますので見損なった方は挑戦してみて下さい。

   1.今治(愛媛)2.太泰(京都)3.端島(長崎)4.松阪(三重)5.浮気(滋賀)6.薬袋(山梨)7.雪車町(秋田)8.一口(京都)9.相撲(滋賀)10.天ノ川(高知)11.小堀(茨城)12.嵐山(埼玉)13.日本橋(大阪)14.川内(鹿児島)15.京都(福岡)16.東江(沖縄)17.苫鵡(北海道)18. 今帰仁(沖縄)。

   19.比布(北海道)20.豊見城(沖縄)21.保栄茂(沖縄)22.重蘭窮(北海道)。以上かなりの難読地名が並んでいるでしょう。実際は50問出題されて福澤朗氏が間違えたのはのたった一問だけで、さすが地名マニアです。では、下に答を書いておきますが、福岡に京都、大阪に日本橋があるのは不思議です。

   1.いまばり2.うずまさ3.はしま 4.まつさか5.ふけ6.みない7.そりまち8.いもあらい9.すまい10.そらのかわ11.おおほり12.らんざん13.にっぽんばし14.せんだい15.みやこ16.あがりえ17.とまむ18.なきじん19.ぴっぷ20.とみぐすく21.びん22.ちぷらんけうし。

トランプ大統領の人間像

   トランプ大統領はメディアとオリが合わないと見ていたら、今度は司法と大変な関係になっています。一体、どういう人間像かと首を傾げてる方は読む価値がある「トランプは世界最強ナルシストかもしれない 何が彼を突き動かしているのか」という「東洋経済」の記事をネットで見つけたのでその主要部分をコピーします。

   《トランプという人は実に興味深い。常識を超えた言動は、われわれの脳裏に蓄積された「政治家」像からは大きく乖離する。不動産業やショービジネスという世界の中で培ってきた独特のコミュ戦法によって、「世界最高の権力者」の地位を手に入れたわけだが、その根本となる価値観や主義・主張はなかなか見えにくい。

   これまでの共和党的価値観からも大きく外れ、一貫性があるようでまったくない思いつきのように見える政策も多い。そんな常軌を逸した言動に、いったいどのような軸があるのだろうか。彼のツイートや発言につぶさに観察すると、気づくのは、とにかく「自分が大好き」であることだ。

   「神が作り上げた大統領の中でも、最も雇用を生み出すのは自分」「私はハンサムだ」「私は偉大だ」。口を開けば、ひたすらに「自分がいかにスゴイか」のアピールがあふれ出してくる》。ともかく、トランプ大統領を細かく分析し、なるほどと思わせるこの記事、少し長いですが全文お読みになることをお奨めします。

ジャズで聴くクラシック

   昨晩、何だかジャック・ルーシェ・トリオが聴きたくなり、取り出したのがヴィヴァルディの「四季」。勿論、クラシック」の名曲ですが、ジャズで聴く「四季」もいいのです。今日は何年かぶりに、クラシックとジャズの両方好きな音楽ファンにジャック・ルーシェを声を大にして紹介します。

   そもそも、ルーシェがクラシックをジャズで演奏したアルバムを最初に出したのはバッハですが、いつしか、色々な作曲家を手がけるようになりました。ショパンの「夜想曲」全曲、ラベルの「ボレロ」、モーツアルトのピアノ協奏曲第20番と第24番、みんなジャック・ルーシェがジャズに・アレンジしています。

   バッハにしたって最初は小曲だけだったのが、次第に大曲にも取り組むようになり「ゴールドベルグ変奏曲」「ブランデンブルグ協奏曲」「イタリア協奏曲」などみんな全曲を演奏していて、私が持ってるルーシェのアルバムは全部で29枚。ともかく、クラシックもジャズも両方好きな音楽ファンにとって堪りません。

   例えばショパンの「夜想曲」を全曲ルービンシュタインで聴いたあと、ジャズにアレンジした全曲をルーシェで聴くことだってあります。ルーシェもこの曲ばかりはトリオでなくてソロで演奏しています。クラシックとジャズのどちらを聴こうか迷ってる時は絶対にお奨めのジャック・ルーシェです。

「国家」の話

   角田陽一郎著「最速で身につく世界史」という本の中に「国歌の話」があります。それによると、国家は一万年前に誕生していて、最初の国は人が集まって防御のための城壁を作り、治水作業などを集団で行う目的で、それをコントロールしやすくするための政治体制として生まれています。

   国家には、普通、通称とは別に正式名称があり、例えばアメリカはアメリカ合衆国、中国は中華人民共和国、ロシアはロシア連邦、イギリスはグレートブリテン及び北アイルランド連合王国が正式な名称です。ちなみに日本は1945年8月15日の終戦までは「大日本帝国」でしたが、現在は単に「日本」。

   ところで、国には色々な種類がありそうに見えますが、実は大きく分けて「王国」と「共和国」のたった二種類しかありません。その違いは国の代表者を誰が選んだかで「王国」の代表者は王様で選んだのは神様だそうです。つまり、神様が「あなたがこの国の代表になりなさい」と選んで子孫代々が続いているのです。

   では「共和国」の代表者は大統領もしくは首相、そしてそれを選んでいるのは人です。しかし、日本だけは世界でも珍しい形態で、政治を司っているのは人に選ばれた首相ですが、その上に天皇家という王朝がずっと続いています。ともかく、世界の国家はどの国も「王国」と「共和国」の応用形です。

正にアクション映画の大傑作

   とびきり面白いアクション物のフランス映画を一本紹介します。そのタイトルは「96時間」(予告編)、これを聞いて、この映画を観たことがある人は、恐らくまた観たくなったのは間違いありません。ともかく、アクション映画は古今東西にいっぱいありますが、絶対に推薦したい一本です。

   実はこの映画を映画館ではなくてWOWOWを録画して観たのですが、映画館の大画面で観なかったことを後悔しています。あまりストーリーは言いたくないのですが、少しだけ書くと主人公はCIAで活躍していた凄い人物です。その男性に年頃の娘がいて、友達と二人でパリに旅行するのです。

   ところが、娘はそこで何者かに誘拐されてしまい、娘が誘拐される直前に父親に入れた情報を頼りに娘を救出に行くのが物語の骨子です。その活躍ぶりは半端ではなく、間違いなく助け出されるのは解っていながら観ていてハラハラドキドキの連続で、アクション好きには堪りません。

   何しろ、この主人公、メチャクチャに強いのです。これでもかこれでもかとやられても、不死身です。アメリカのアクション映画の影が薄くなるほどで、見終わってスカっとするのを保証しますから、是非、TSUTAYAで借りてご覧になって下さい。このあと、パート2、パート3が有りますがこの第一作最高です。

大統領と俳優が皮肉の応酬

    昨日の朝日新聞夕刊にこんな記事がありましたので、ご存知ない方のために紹介します。俳優で前カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガー氏は、選挙戦の時からアンチ・トランプの立場を取ってきたのは有名な話で、その願いも虚しくトランプ氏は大統領に就任してしまいました。

   そして、かってトランプ氏が司会を勤めていたテレビ番組「セレプリティ・アプレンティス」の司会をどういう訳かシュワルツェネッガー氏が引き継ぐことになったのです。するとトランプ氏は《とたんに評判が落ちて、酷いことになった。評判が良くなるようにアーノルドのために祈りたい》と皮肉ったのです。

   しかし、シュワルツェネッガー氏も負けていません。ツイッターで《ドナルド、いいアイデアがある。私と仕事を替わらないか。君はテレビで好評を得る名人なのだから、私のテレビの仕事を引き継ぎ、私が君の仕事を引き継ごう。そうすれば、みんなもようやくぐっすり眠れるようになる》と。

   ところで、トランプ大統領、次から次に「大統領令」を発令して、ことに入国拒否問題は世界中を混乱に陥れています。でも国内には賛成の人もいるので、大統領は簡単には引き下がらないでしょう。大統領が「大統領令」に署名した映像が何度もテレビに映りますが、何だかやたらに嬉しそうに見えます。

投手のサヨナラ・ホームラン

   度々、丸谷才一氏の随筆(300本以上所持)からの話で恐縮ですが、氏に「野球いろは歌留多」というタイトルの一文があり、面白いので紹介します。別に昔から有った歌留多ではなく、プロ野球の好きな丸谷さんが、いろはにほへと…を頭にして、プロ野球に関係している事柄を色々と語っているのです。

   例えば「と」は《投手のサヨナラ・ホームラン》。プロ野球の試合は、過去、相当観戦していますが、投手がサヨナラ・ホームランを打った試合を観たことなどありません。この一文を書いた2004年現在、公式戦で10回以上あるのだそうです。国鉄時代の金田正一投手など2回も経験してるとか。

   その中から、阪神の江夏投手の凄い試合を丸谷さんは詳しく書いているので、それをここで紹介しましょう。40年以上前の1973年8月30日の阪神対中日戦。阪神の江夏投手は中日をノーヒットに抑えたまま9回を終わってしまいました。延長戦に入って、10回も11回も江夏投手はノーヒットに抑えます。

   そして11回裏に江夏投手に打席が訪れます。何しろノーヒットを続けている投手に監督は代打を送れません、そのまま打たせて、江夏投手はサヨナラ・ホームランを打って、阪神は中日を破りノー・ヒット・ノー・ランを達成しました。ネットに「投手のサヨナラ・ホームラン」の記録があります。

東京のタクシー料金が改訂

   東京のタクシーの初乗り運賃が1月30日より730円から410円に改訂されました。ただし、従来は2キロメートルまで730円だったのが、1052メートルまで410円ですから決して値下げになったとは言えないでしょう。ともかく、2キロは今までと同じにちょうど730円になってるようです。

   ところで、ネットに加谷珪一氏が書いた《「初乗り410円」タクシー値下げの本当の狙いを知っていますか?》というちょっと長い記事を発見しましたので掻い摘んで紹介します。そもそも、この表向きの目的は、国際的に高いと言われてる初乗り運賃を引き下げて需要を喚起することだと言われています。

   しかし、加谷氏は《単に「ちょい乗り」需要を掘り起こすというという単純ななものではなく、これまであまりタクシーを利用してこなかった「潜在的ユーザー」にもその利便性を知ってもらうことで、いずれ訪れるタクシーを使った「データビジネス」をスタートさせた際の顧客を今から囲い込むことだろう》と書いてます。

   でも、確かに近距離の利用が多いユーザーにとっては結構なことで、今まで730円掛かっていたところに650円で行ったのを実際に体験し、やっぱり値下げと見てもいいかも知れないと思いました。それにしても、タクシー業界の内幕を書いたこの記事、興味のある方は全文お読みになることをお薦めします。

ケーキを公平に分割する方法

   大きな丸形のケーキを目の前にして測定器具がありません。二人の人間が公平に分ける方法は、まずジャンケンをして勝った人がナイフを入れて二分割します。そして、それを見ていた片方の人が先に取ります。ナイフを入れる人は出来るだけ正確に分割しないと、自分が小さい方を取ることになります。

   では、人数がA、B、Cの3人だったら、どんな方法が最も公平かと言うと、最初にジャンケンで順番を決めます。そして、A、B,Cの順になったら、まずAがナイフを入れて二分割します。そして、次のBは、2片のうちどちらを選ぶかを考え、これを二分割すると三片のケーキが出来ます。

   そして、取る順番は何もしないで見ていたCが真っ先に取ります。そして、2番目に取るのはBで最後に取るのはAが最も公平です。そうすれば、極端な事を言って、もし一番最初にナイフを入れるAが全体を10分の1と10分の9に分割しても、当然、Bは10分9を選び、最後にAは10分の1を取らざるを得ません。

   つまり、最初にナイフを入れる時に出来るだけ正確に全体を10分の3と10分の7になるように分割しないと、Aは自分の取り分が少なくなるのは目に見えています。では、人数が4人や5人になったら、どのようにするのが最善か「ケーキ分割問題」のアルゴリズムの論文がありますのでお読みになって下さい。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »