無料ブログはココログ

« 「おにぎり」と「おにぎらず」 | トップページ | お尻が痛いプロのピアニスト »

マニアが喜ぶ鉄道線路の話

   鉄道が好きな人に、線路の話をしたら、どなたも身を乗り出すのは間違いないでしょう。最近、ネットでかなり専門的なことを書いてる「鉄道線路の話」というサイトを発見したので、鉄道が好きな方は、是非、お読みになって下さい。でも、マニアの仲間入りをしたばかりの人にはいささか難しいかも知れません。

   そこで、今回は私の愛読書「鉄道のすべてがわかる事典」(PHP研究所)から、初心者でも解る「カーブ通過速度」のことを少し書きます。鉄道線路にカーブは付きもので、カーブではその半径に応じた制限速度が定められています。勿論、脱線しないためですがそればかりでは無いのです。

   乗っているお客さんの乗り心地がよくなければなりません。電車がカーブにかかると、当然、遠心力が発生し、これを緩和させるためにカーブ箇所では、外側のレールの高さを内側より高くしてあります。これをカントと言い、カーブの半径と通過する電車の平均速度からカントを計算しています。

   この平均速度を上回る電車はカント不足、平均速度を下回る電車はカント超過となり、どちらも乗り心地に影響します。このカント量を体感したければ、電車の一番先頭に乗って線路を見てればいいのですが、運転席の窓がいつも開いてるとは限りません。ともかく電車の先頭の窓は鉄度好きの特等席です。

« 「おにぎり」と「おにぎらず」 | トップページ | お尻が痛いプロのピアニスト »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135878/68404740

この記事へのトラックバック一覧です: マニアが喜ぶ鉄道線路の話:

« 「おにぎり」と「おにぎらず」 | トップページ | お尻が痛いプロのピアニスト »