無料ブログはココログ

« 普段聴けない「第九」 | トップページ | モーツアルトの「レクイエム」 »

「クイック起動」の表示

   パソコンの「スタート」の右隣にディスク・トップにあるアイコンと同じものが表示されていると、同時に複数のアプリケーションを立ち上げる必要のある時に便利です。またスタート→すべてのプログラムでは沢山の中から選ばねばならず、頻繁に使うものだけをここに表示しておくと、迅速性が増して作業効率が向上します。

   さて、その方法は、タスクバー(「スタート」の右にあるスペース)のどこかに矢印を置き右クリック→プロパティ→タスクバー、そして「クイック起動を表示する」にチェックを入れて「OK」すると小さなアイコンが出てきます。

   このアイコンを追加するには、今度は、「クイック起動」の場所のアイコンのないスペース(ほんの僅か)を右クリック→フォルダを開く、で「Quick Launch」が出てきて、ここに予めディスク・トップのアイコンを複製しておいたものを「ドラッグ&ドロップ」すると、いくらでも追加することが可能。でも、限られたものだけがいいと思います。

   「スタート」の右隣には3つのアイコンしか表示されませんが 》 をクリックすると全てが表示されます。この3つのアイコンに「Internet Explorer」、「Outlook Express」などを入れておくととても便利です。また「ドラッグ&ドロップ」で順番を変えることも出来ます。

« 普段聴けない「第九」 | トップページ | モーツアルトの「レクイエム」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「クイック起動」の表示:

« 普段聴けない「第九」 | トップページ | モーツアルトの「レクイエム」 »