無料ブログはココログ

筋を少しも知らないで観る映画

   もし「テキサスの五人の仲間」というアメリカ映画をご覧になっていなかったら超お奨めです。しかし、この映画ばかりは、口が裂けてもストーリーを話すわけにはいきません。実は何年も前の週刊誌の映画欄で読んで、読んだその日に映画館に飛んで行って「これは間違いなく傑作!」と思った覚えがあります。

   ところで、この映画の題名、まるで西部劇のように思えますがまったく違います。ある街に中年の夫婦が子供を連れて訪れます。画面の感じだと、通りがかりの旅行者でその街にちょっと寄っただけのように見えます。その男が小耳にはさんだ情報は、その街で恒例の大きなポーカー・ゲームがあるようなのです。

   どうやら、その男は大のバクチ好きのようで、そのポーカー・ゲームに食指が動きだしているように思われます。ここで、この映画を観るためには、トランプのポーカー・ゲームのルールを知らないと、まったく、意味が解らないで退屈の極みになってしまうことをくどいほどお断りしておきます。

   ネットの「映画大辞典」にありますが、この映画ばかりはコメントを少しでも読んだら、もう観る価値が無くなることを、くどいほど申し上げときます。こんな映画を作るアメリカの映画関係者のセンスの高さにはただただ驚くばかり。絶対にTSUTAYAにありますから、是非、知的快感を味わって下さい!

双葉山の69連勝の詳しい話

   嵐山光三郎氏が「週刊朝日」2月23日号に「独眼力士双葉山」というタイトルで、69連勝の記録が今も破られてない名横綱双葉山のことを書いています。実は双葉山は5歳の時、誤って誰かの吹き矢が当たり、右目はほとんど失明状態だったが、このことはずっと隠していたのだそうです。

   双葉山は大分県宇佐市に生まれ、昭和2年11月、15歳の時に大分県の警察部長の紹介で立浪部屋に入門し、同年3月の大阪場所で初土俵を踏み、昭和7年の春場所前に十両下位から一気に前頭四枚目に付け出されたのだそうです。そして、入幕後九場所目に小結に昇進したが一場所で陥落。

   ところで、有名な69連勝の始まりは昭和11年春場所(当時は1月)東前頭三枚目の時、7日目に瓊ノ浦(たまのうら)に勝ってからで、昭和14年春場所三日目の駒ノ里が69勝目。この間、小結を飛び越え、関脇一場所、大関二場所で昭和13年春場所から西の横綱になり、5場所連続優勝したそうですから凄いです。

   そして、双葉山の連勝をストップしたのは安藝ノ海(あきのうみ) YouTube)なのは有名ですが、この時、双葉山は下痢と発熱で130キロあった体重が102キロに減っていて、誰かに敗因を聞かれた答は「弁解がましいことは言いたくない」の一言。この後、安藝ノ海とは9回対戦したが、一度も負けてないそうです。

超際どいカーリングの勝負

   平昌オリンピックの女子カーリング予選、日本がスウェーデンに勝って4強入りに王手をかけた映像の動画をインターネットで見つけたので紹介します。何しろ、日本はオリンピックでスウェーデンに一度も勝ってないので、最初から最後までテレビにしかみついて観て、カーリングの面白さを堪能しました。

   試合はシーソーゲームの展開で、日本は2エンドに1点を取ると、スウェーデンは3エンドに直ぐに同点に追いつき、4エンドに1点を取って2-1。しかし、日本は5エンドに1点を取って再び同点にしますが、スウェーデンは6エンドと8エンドに1点づつ加算して9エンドの開始時点では4-2と優勢です。

   ところが、日本は9エンドを実に巧みな試合運びで、4-4の同点に追いついて勝負は最終の10エンドにどちらが点を取るかの手に汗握る展開です。しかし、日本は9エンドに点を取った関係で、10エンドは先攻で、点を取るのが難しい状況です。そして、日本もスウェーデンも2投だけになった場面です。

   ちょっと、最後の画面をよくご覧になって下さい。日本のストーンの位置は、間を空けて二つ並んでいるので、もしスウェーデンの最後の1投が日本の2つのストーンを一度にテイクアウトすれは日本は万事休す。でもスウェーデンは、1つだけテイクアウトして自分がNo.1になる作戦が逆になり負けました。

睡眠中でも活動している脳

   脳外科の医師、築山節氏の「脳が冴える15の習慣」の中に「睡眠中も脳は働いている」という一文があり、記憶の定着、思考の整理は、起きている間よりも寝ている間の方が進みやすいのだそうです。睡眠には浅い睡眠の「レム睡眠」と深い睡眠の「ノンレム睡眠」があり、「レム睡眠」では脳全体が活動し続けているのです。

   ただ、起きている時と睡眠中の最大の違いは、睡眠中は新しい情報が入ってこないのです。そして、起きている時は、脳は目や耳から常に入ってくる情報に対応して、状況を判断し、行動に結びつけようとしています。ともかく、起きている間は、思考が外部からの影響を受けて、変容を止めることが出来ません。

   しかし、寝ている時には、それがほぼ遮断されていて、脳は活動を続け、入力のない状態で、一時的に保存している記憶を、より永続的な記憶に変換したり、思考を整理しているのだそうですから驚きます。しかも、深い眠りの「ノンレム睡眠」では大脳が休んでいるので、起きた時に疲労が回復しているのだそうです。

   朝、起きた時、アイデアが浮かびやすいのはこの理由からで、著者は脳を上手に使うにはこの性質を利用しない手はないと書いています。つまり、寝る前に翌日使う資料に目を通して置いたり、問題点を大まかに考えておくと、翌朝、思考が整理されていることが起きるそうです。いやはや、睡眠中でも脳は働いているとは。

「家庭内の書類」の保存方法

   勤務先で書類の整理に追われるのは当然ですが、家にいても保存しておきたい書類が色々とあるものです。一体、どんな書類があるか、ちょっと書き出すと、人様から頂いた手紙や葉書、量販店の店員などから受け取った名刺、何か値段がはるものを買った時のとって置きたい領収書、本になっていない小物のトリセツ。

   よく行くコンサート・ホール「サントリー・ホール」や「東京芸術劇場」などの座席番号表、「確定申告書」の5年分の控、「扶養親族等申告書」の控、インターネットから印刷したもので取って置きたい資料、感動したコンサートや映画のパンフレット、ほかにも保存しておいたい書類は色々とあるに違いありません。

   ところが、この保存場所をちゃんと決めておかないと、必要な時に出てこなかったり、また、保存しておいたはずの書類が見当たらないで、困ることがあるでしょう。私はこの保存を文房具屋や「100円ショップ」で売っているA4の「クリア・ファイル」(透明なビニールの袋を本状にしたもの)で行っています。

   そして、ファイルの背中に「保存資料 1」「保存資料 2」「保存資料 3」などとラベルを貼ったものを何冊も持ってます。ただし、このラベルは手書きではなく、カシオの「ネーム・ランド KL-M7」で白地に丸ゴシックの黒文字で印刷したラベルを貼っています。ともかく、ファイルは格調が高くないといけません。

朝日杯に優勝した藤井五段

   《藤井五段、羽生竜王破る》、今晩の「朝日新聞」夕刊の一面に載った見出しです。朝日新聞社主催の第11回朝日杯の準決勝、羽生善治竜王と藤井聡太五段の準決勝(棋譜)の公開対局が今日午前10時半から東京有楽町の朝日ホールで行われるのは知っていましたが、まさか藤井五段が勝つとは驚きです。

    当時、四段だった藤井五段は、公式戦、29連勝の新記録を達成し、話題を集めたことはどなたもごご存知ですが、今回、五段になっていきなり羽生九段との対局が行われ、藤井五段は何とそれを制したのです。新聞に書いてある公開対局の模様をほんの少しだけ紹介しましょう。

   《午前10時30分に始まると、取り囲んだカメラの放列が一斉にシャッターを切った。駒組みが進んだ後、藤井五段が仕掛け、本格的な戦いに突入し、勝負どころでリードを奪った藤井五段は冷静に指し進めた。…負けを認めた羽生竜王が投了すると、会場から拍手がわき起こった。…》。

 もう一方の準決勝戦は広瀬章人八段が久保利明王将に勝ったので、決勝戦は広瀬八段との戦いになり、これも勝ったので藤井五段の優勝(棋譜)。これは加藤一二三九段の持っている「棋戦優勝」の最年少記録を破ることにななり、そして藤井五段は六段に昇段しました。これも史上初めての最年少六段です。

大谷翔平選手のキャンプ初日

   今日の「日刊スポーツ」にエンゼルス大谷翔平選手のメジャーキャンプ初日の様子が載っていますので紹介します。大谷選手は投手練習の後、捕手組に入ってフリー打撃に臨み、33スィングのうち7本の柵越えを放ちました。投手を優先する方針を示しているソーシア監督も特大の一発に感嘆の声を上げてグータッチとか。

   34歳のベテラン捕手リベラは大谷選手の打撃力の高さを早くも感じとったようで「彼がどうチームに貢献してくれるか、とても楽しみにしてるよ」と言ってます。監督は記者会見で「まず投手として基礎を築いてもらいたい」と言ってるようですが、アメリカでのく二刀流を早く観たいものです。

   大谷選手のキャンプ初日の様子を時間で追うと、午前7時17分にスタッフの車で球場入り、10時22分グラブを持ち、バットケースを肩から下げて登場、30分にウォーミング開始、51分にキャッチボールを始めます。11時5分に守備練習の開始、約20分で終了後、約10分間のミーティング。

   11時42分に投手陣から離れ、球団トレーナーとダッシュなどの練習を約20分間、12時15分に打撃ケージ内でティー打撃、12時25分にフリー打撃を始めると日本ハムの栗山監督が現れます。12時50分に練習を終了してクラブハウスに引き揚げました。では、キャンプ初日の大谷翔平選手の映像です。

あるミステリー映画評に感謝

   アガサ・クリスティもミステリー映画も好きな私が、昨年の暮に公開されたのに見損なった映画にケネス・プラナー監督の「オリエント急行殺人事件」があります。ともかく、残念と思っていたら、今日の「朝日新聞」夕刊で、劇作家、脚本家、演出家の三谷幸喜氏がこの映画のことをこんな風に評しているのを発見しました。

   《ミステリーが好きで、クリステイが好きな僕にしてみれば、今回の映画化は、ちょっと残念だった。「謎」と「解決」はあっても、その「経緯」がおざなりだった。名探偵にもほどがある。まるで神様のように、あっという間に犯人をあぶり出す。ミステリーの一番面白いところをすっ飛ばされた感じがした》。

   いやはや、クリステイもミステリー映画も愛する三谷幸喜氏が、こんな評価をしてる映画を見損なってよかったと思いました。「オリエント急行殺人事件」はすでに、1974年に名監督シドニー・ルメットが映画化したことがあり、勿論、私も観ましたが、凄い出来映えとは思えなかった覚えがあります。

   三谷幸喜氏は、このほかにも「オリエント急行殺人事件」のドラマ化や映画化をした作品を何本か上げていますが、 《ミステリーの一番面白いところをすっ飛ばされた感じがする》映画をもし観ていたら、きっと私は怒りまくっていたに違いありません。観ないでよかったことを教えてくれた三谷幸喜氏に感謝です。

平安時代の「同じ文字なき歌」

   つい最近、「いろは歌」のことを書き《色は匂へど散りぬるを わが世誰ぞ常ならむ 有為の奥山けふ越えて 浅き夢見じ酔ひもせず》をこの種の言葉遊戯の最高傑作ではないかと絶賛しました。ともかく、この詩歌は「かな」47のすべてを使い、しかも重複しないでちゃんと意味あるものになっています。

   ところが、織田正吉著「ことば遊びコレクション」(講談社)によると、この「いろは歌」の意味は必ずしも明瞭ではないというのです。例えば「色」とは何だ、「有為の奥山けふ越えて」とは、一体、どういう意味かちゃんと説明出来る人は少ないのではないかと著者の織田氏は書いています。

   この「いろは歌」以前の作品としては平安朝初期の作品に「あめつちの歌」というのがあって、それは《天地星空山川峰谷雲霧室苔人犬上末硫黄猿 生育せよ 榎の枝を馴れゐて(あめ つち ほし そら やま かは みね たに くも きり むろ こけ ひと いぬ うへ すえ ゆわ さる おふせよ ゑのえをなれゐて)。

   この詩歌は対になる名詞を並べただけのもので、しかも「おふせよ」からの後は残り字を扱いかねていて、何だかこの方がもっと意味が難しそうに思えます。いずれにしても、日本人は平安朝時代から言葉遊びに興味があったようで、あまり傑作とは言えないようですが、珍しいので紹介しました。

10年ほど前の銀座の思い出

   本箱の中に千谷美恵さんが書いた「とっておき銀座」(詳伝社)という文庫本がふと眼に触れました。裏表紙を見ると、著者のサインと共に平成二十一年十二月二十四日謹呈とあります。実はこの本、本屋の店頭で見つけ、好きな銀座の街の紹介本で、著者は銀座の老舗呉服屋「伊勢由」の娘さんです。

   本に書いてあるプロフィールを読むと《1989年アメリカのウエスタン・ミシガン州立大学、1990年立教大学を卒業後、外資系大手の「シティバンク」の入行、1996年31歳の時、生え抜き初、更に最年少で銀座支店長に抜擢される。しかし、1998年に退職して5代目の若女将になる》と書いてあります。

   私は別に呉服とはまったく縁がありませんが銀座7丁目の裏通りに銀座「伊勢由」があるのは前から知っていたし、31歳の若さで銀行の支店長になった女性は、一体、どんな方なのか好奇心を抱き、会ってこの本にサインを貰うのを口実に、ある日、銀座に出た時、「伊勢由」に寄ってみたのです。

   対応してくれたお母さんに私が訪問した趣旨を話すと《娘は独立して「銀座いせよし」というお店を開いていて、ここから近いのでそちらに行かれたらいかがでしょうか》と言って地図を書いてくれました。その時頂いたのがこの本のサインですが、着物を買うアテがないので、再度、銀座「いせよし」の訪問は躊躇しています。

世界の中で日本人口の割合

   歴史学者の磯田道史氏の記した「日本史の内幕」の中に《全人類のなかで》というタイトルの一文があります。一体、何を書いているのだろうと読んでみると、全人類の中で、日本列島に住む日本人は何%を占めているかの考察です。それには、西暦230年(卑弥呼時代)の世界人口を知らなければなりません。

   この時の世界は2億人で、中国0.6億人、インド0.75億人、全欧州0.35億人、その他0.3億人。そして、日本の人口は60万人で世界の0.3%、その後の世界人口と日本人の占める割合は1700年が6億人のうち日本人は3000万人(5%)、2000年が60億人のうち日本人は1億2000万人(2%)。

   そして、22世紀の入口になる2100年を予測すると、世界人口は110億人のうち日本人は大幅に減少して8300万人(0.7%)。つまり、日本人口の世界シェアが最高になったのは犬公方と呼ばれた徳川綱吉の元禄時代で20人に1人が日本人で、かなり大きな人口シェアを持ってました。

   卑弥呼の時代には330人に1人しか日本人がいなかったのですから、よくぞ増えたと言っていいでしょう。ところが、世界人口(現在)に対する日本人口の割合は著しく低下を始め、22世紀には古墳時代の日本に戻ることが予測されています。量の低下を質の向上につなげる研究をすべきと磯田博士はこの項を結んでいます。

女子アイスホッケー初戦惜敗

   平昌オリンピックの女子アイスホッケーの1次リーグ、日本はB組で、戦う相手は世界9位のスウェーデン、8位のスイス、22位の韓国と北朝鮮の合同のコリア。日本の初戦の相手はスウェーデンで、日本は試合開始2分21秒で先制点を奪われ、1-0のままで第1ピリオドを終了しました。

   しかし。第2ピリオド、敵陣ゴール裏でパックを奪ったフォワードがまずシュート、こぼれ球を久保選手が何度も押し込みにかかり、逆サイドから回り込んだ浮田選手がゴールにかき入れて1-1の同点。そして、同点のまま迎えた第3ピリオド、自陣ゴール近くでの鈴木選手の横パスを相手にカットされ、それを決められて2-1

   試合後、鈴木選手は《逆サイドに振って展開しようと思ったが、パックが相手のスティックに当たってしまい、もっと簡単にプレイすべきだった》と反省しています。ともかく、日本は、格上で体重差が9キロも上回る相手に豊富な運動量で対抗し、もう少し頑張れば勝つチャンスは充分ありました。

   山中監督は《つなぎのパスが良くなかった。でも今日勝っても負けても大切なのは切替えで、次に集中することだ》と言い、大沢主将も《まだ決勝トーナメントにいけないと決まったわけではない。明日12日のスイス戦でのオリンピック初勝利で決勝トーナメントへの道をきりり開く》と力強い言葉を言っています。

日本のサスペンス映画の傑作

   どちらかというと、あまり日本映画を観ない私が、日本映画のサスペンス映画の傑作を一本紹介しましょう。1958年制作ですから白黒で、「B級ビデオ発掘カタログ」という本に載っている映画です。その題名は「張込み」、松本清張の原作を名脚本家橋本忍が脚色し、野村芳太郎監督がメガフォンをとっています。

   そして、若き日の山田洋次監督が助監督をつとめ、出演している俳優は、大木実。宮口精二、田村高廣、高峰秀子。映画は宮口精二と大木実の二人の刑事が、走り始めた夜行列車に飛び乗るところからはじまります。ともかく、現代では絶対に観ることが出来ないシーンで、鉄道ファンは溜息が出るかも知れません。

   この映画は、刑事の職務上の一つである張込みと尾行をドキュメンタリータッチで描いていて、まるで、刑事の日々の仕事ぶりを追っているような作り方です。ともかく、描写が実に克明で、監督の野村芳太郎を補佐している助監督の山田洋次の手腕が至るところに出ているように思いました。

   「B級ビデオ発掘カタログ」に書いてある文章を紹介すると《この「張込み」の見事な出来映えは、単なる刑事ものではなくて、日本映画史を飾る名作で、犯人を追う刑事に張り込まれた人妻の動きを描くサスペンス》。この「張込み(YouTube)、TSUTAYAにあるのは間違いがないので、是非、ご覧になって下さい。

永遠の宝物の二枚のCD

   久しぶりにクラウス・テンシュテット指揮北ドイツ放送交響楽団でマーラーの交響曲第2番「復活」を聴きました。そして、強烈な歓喜に満ちたエンディングを聴き終わって、改めてこの二枚組のCDが、宅急便で我が家に送られてきた、ある朝のことを思い出して、涙が出そうになっています。

   そもそも、私がこのCDを知ったのは、音楽評論家許光俊氏と鈴木淳史氏の共著「クラシックCD名盤バトル」(洋泉社)の中でマーラーの「復活」のことを論じていたのです。ちょっと許氏の文章をそのまま書くと《マーラーの好きな人はいかなる手段を尽くしても聴かなければいけないディスクだろう。

   この演奏を聴かないでマーラー・ファンを名乗れないとすら言ってよいかも知れない》と書いてあるのを読んで、何としてもこれを聴きたくて私は必死に秋葉原周辺の海賊版を扱ってる店を探しましたが徒労です。それが、私がこのCD探しているのを知っていた現役時代に大変お世話になった知人がいました。

   その方が、ネット・オークションで手に入れた二枚組のCDを私の自宅に何と宅急便で送ってくれたのです。北ドイツ放送響はテンシュテットにこの演奏を強要されて、こんな演奏をさせられたら身が持たないと言わしめた海賊版。私にとってこの二枚のCDはマーラー好きにとって永遠の宝物で、再度、知人に深甚な感謝です。

竹田恒泰氏が語る「結婚延期」

   今日の「夕刊フジ」に明治天皇の玄孫竹田恒泰氏が《小室さん問題を激白》と題して秋篠宮家の長女、眞子さまと国際基督教大時代の同級生、小室圭さんとの結婚が、突然、延期になったことを皇族の血を引く立場から、色々と語っているので読んでない方 のために紹介します。

   竹田氏はまず《納采の儀を終えれば、自動的にご結婚に向けて時間が進んでいく。今はまだご婚約内定の状態だ。立ち止まる機会があるとすれば、このタイミングしかなかったのだろう。逆に言えば、まだ傷は浅かった》と語っています。竹田氏は週刊誌が報じている金銭トラブルの問題は小室さん自身にも関わると指摘。

   更に続けて《国民の間では、眞子内親王殿下にはお幸せになってもらいたいと願う一方、「このご結婚は大丈夫なのか?」という心配が広まっていたのは事実だと思う。小室さんは法律事務所勤務だが、まだ大学院生だ。「学生が定職に就かないうちに結婚」というと周囲は不安になる面もあるだろう。

   順風満帆のなかに青天の霹靂というわけではなかった》宮内庁は「ご結婚後の準備に十分な時間がないため」2年間の延期を決めたと説明しているが、竹田氏はこの期間について2通りの見方を示し、1つは金銭トラブル報道の沈静化、もう1つは小室さんがきちんとした職業に就く準備期間。果たしてどちらなのでしょうか

航空機の出発時刻

   日本航空が編集した「機長たちのコックピット日記」に航空機の「出発時刻は、いつ?」というタイトルの一文がありますので紹介します。そもそも、航空機の出発時刻はよくお客さんから受ける質問の中で最も多いものらしいのですが、かっては、航空機のタイヤに置かれてる「チョーク」(輪留め)を外した時が出発時刻でした。

   しかし、これだとお客さんに分かりにくいため、日本航空では、現在、「すべてのドアが閉まり航空機が動きだした瞬間」を出発時間に統一してあるのだそうです。例えば電車の場合はドアが閉まって動き出すまではほとんど同時で、あまり、タイムラグを感じるようなことはありません。

   これに対し、航空機はドアが閉まって動き出すまでに安全確認の作業や管制塔から出発許可が出るまで時間が掛かることがあり、お客さんが羽田空港を出発した時間を正確に誰かに伝えたい時には、自分の乗ってる航空機が動き出した時間を伝えればいいでしょう。ただし、離陸する時間は、当然、大きく違います。

   この本に《これは以前、海外で経験した話ですが、ドアが閉まって出発準備が整った時、あいにく飛行予定の航空路が混雑しており、そのまま一時間近く出発を待たされた例がある》と書いてあります。余談ですが、私は、一度、羽田空港までの電車が遅れ、最後の客になり、乗客全員にお詫びの最敬礼をしたことがあります。

最高のクイズ番組「Qさま!」

   ほかのテレビ局に申し訳ありませんが、テレビ朝日の「Qさま!」は誰が何と言っても言わなくても、最高のクイズ番組です。放映のある時はほとんど、100%録画して観ています。昨日2月5日に放映された「Qさま!」の面白かったこと。何しろ、観ていると今まで知らなかった知識がどんどん増えます。

   今回の問題のテーマは《外国人が選ぶ日本の名所・絶景・世界遺産ベスト30》からの出題です。そして、最後の3問を残して優勝争いは宇治原、カズレーザー、やくみつる、村井美樹、宮崎美子の5名。ここで問題は《日本の地名でカタカナを含むのはどこか》にやくみつるが南アルプス市とゴザ市を答えて1位になります。

   次の問題は《「いくたびも 雪の深さを 尋ねけり」を詠んだのは誰か》でやくみつるは蕪村、カズレーザーは小林一茶、村井美樹が正岡子規で正解です。そして、いよいよ最後の問題は《次の文学作品の作者を答えよ》で①一握りの砂②カインの末裔③田園日記が作者の写真入で画面に出ています。

   勿論、1位のやくみつるが正解なら優勝で、やくみつるは石川啄木、有島武郎、円地文子でブー。村井もカズレーザーも不正解で、再度、解答権を得たやくみつるが林芙美子を答えて優勝しました。でも写真はどう見ても林芙美子で、恐らくこのテレビを観てた多くの人がそう思っていたに違いありません。

珍しい地下鉄の「後楽園駅」

   秋庭俊著「大東京の地下99の謎」という本をご存知でしょうか。はしがきに《東京には知られざる地下道がある。埋もれたままの地下街がある。公式には存在しないことになっている地下変電所がある。にわかには信じられないような話かもしれないが……》とあり、その中から一つだけ紹介します。

   私がよく利用する地下鉄に丸ノ内線があります。というのもプロ野球が好きな私が「東京ドーム」に行く時には直ぐ近くの「後楽園駅」を使わざるを得ないからです。ところが、この駅は地下鉄と言ってもかなり高いところにあり、駅の前後、600メートルが地上に出ているユニークさです。

    この駅は1996年(平成8年)に南北線が開通してから、更にユニークな駅になりました。例えば南北線のホームは地下6階にあり、丸ノ内線のホームは地上2階ですから、南北線と丸ノ内線を乗り換えるには、利用客は何とエスカレーターを8階も乗り継がなければなりません。

   そして、もう一つ、地上2階、地下6階の駅を支える構造上、地下6階のエスカレーターの奥に行くと太い柱が林立していて後楽園駅は「柱の駅」と言われる位で、たまに柱に激突する利用客がいるそうです。ともかく、南北線と丸ノ内線の乗り換えにはかなりの時間が掛かることを頭に入れとく必要があります。

大相撲の「土俵」のウンチク

   大相撲が何かと話題になっている中、「土俵」についてある本で読みました。土俵の屋根の下、四つの隅を飾っている房には意味があるんだそうです。土俵は必ず東西南北を向くように設置されていて、北側が正面で南側を向正面と言います。行司は向正面を背にして立ち、正面に向かって取組みを行います。

   正面の左の東の「青房」は春と青龍神、南の「赤房」は夏と朱雀神、西の「白房」は秋と白虎神、北の「黒房」は冬と玄武神。これらの四つの神様は高松塚古墳の壁画にも描かれていて神聖な土俵を守護するという意味を持っています。それぞれの房は長さ2メートル30センチ、重量は25キロ。

   ところで、この土俵は昔は丸では無くて四角形だったのをご存知でしょうか。相撲の最初は囲いが無く、相手を押し倒したり投げ倒したりして、どちらかが動けなくなるまで戦うものでした。それでは時間が掛かるということで四角の土俵が登場したのが戦国時代末期から江戸時代の初期。

   一定の場所を区切って土俵として、そこから出たり手をついたりしたら負けというルールのもとに行われるようになったのです。これを考えたのはかなりの相撲好きだった織田信長という説があるそうですが、真偽のほどは解りません。ただ、房についてはこれだけ詳しいのでちゃんとした文献があると考えられます。

世界にある実際の「迷路」

   紙の上に書いた「迷路」で遊んだことがある方はいっぱいおられるでしょう。また、世界には門を入り家までの間が迷路になっていて「もし道に迷ってどうしようもなくなったら、何か特徴のある物を見つけ、現在、ここにいると電話してくれれば迎えに行きます」というカードを訪問客に予め渡していたとか。

   そのほか、1980年代には迷路ブームになり、日本全国100以上の興行用の施設が出現し、入場料をとって営業していたこともあるのですが、今ではほとんど聞かなくなりました。ところが、ネットに「知力と体力が試される?親子で行きたい日本全国の巨大迷路5選」というサイトを発見しましたので紹介します。

   その5つを書くと①ココドコin ぐりんぱ[静岡県裾野市]②巨大迷路パラディアム [栃木県日光市]③匹見の迷路[島根県]④忍者からくり格言迷路in 日光江戸村[栃木県]⑤  巨大迷路(MAZE)in こだまの森[長野県]。大体の説明が書いてあるので、家族みんなで行かれたらいかがでしょう。

   そして、もう一つ、モロッコの世界遺産に登録されている「フェズ・エル・バリ」という街全体が迷路になっている所があります。ともかく、1000もの路地が複雑に入り組んでいるそうですから巨大迷路と言っていいでしょう。迷路はパズル好きにとっては堪らない遊びです。

「相乗りタクシー」の体験情報

   今朝の朝日新聞に記者の「相乗りタクシー」の体験記がありました。 「相乗りタクシー」の実証実験が東京都内で始まって一週間、実験は東京23区と武蔵野市、三鷹市で、大和自動車交通グループが649台、日本交通グループが300台。まず大和か日交の専用アプリに乗車場所と目的地を入力します。

   乗車場所と目的地が同じ人をアプリが仲介しる仕組で、運賃は走行距離に応じて乗客同士の「割り勘」になり、事前に金額が解るようになっています。そして、ルートや金額に乗客が同意すれば相乗りが成立します。日交はどこでも乗車出来ますが、大和は乗車場所が限られています。

   実験が始まった1月24日、朝日新聞の記者は大和のアプリを使って六本木5丁目から芝公園付近への利用を試みました。午前10時半、相乗り場所や出発時間と行き先を指定して待機します。30分ほど経って通知が来て相乗りが成立。11時40分に出発場所に到着するとタクシーが待っていたそうです。

   相乗り客を取材すると、何と相手も取材が目的の他社の新聞記者だったとか。ここまで読んで、このシステム、私には、到底、無理だと思いました。タクシーを使うのは、例外なく急ぐ時で、いくら安くても相乗り客を探している時間の余裕などありません。この「相乗りタクシー」、果たして軌道に乗るのでしょうか。

電話機の順番を変更するワザ

  家庭の電話機も携帯の電話も、登録した名称は五十音順に並んでいるのは言うまでもありません。この仕組をご存じない方もおられるかも知れませんのでちょっと説明すると、電話帳に名称を登録する時の項目は、基本的に①電話番号②名称③ヨミで、検索キーは②の名称ではなくて③のヨミです。

   つまり、登録する時、例えば吉田と入力するとヨミは自動的にヨシダ、渡辺は自動的にワタナベ、川上は自動的にカワカミ、そして、マシンは「ヨミ」の50音順に並んでいます。従って、登録した電話帳に何も手を加えなければ、この3人の順番は、川上、吉田、渡辺になっているのは言うまでもありません。

   ところが、渡辺の使用頻度が多くて、トップを渡辺にしたい場合はどうすればいいかと言うと、「ヨミ」を強制的に修正すればいいのです、登録する時に付いた「ヨミ」は普通は変更出来ないと考えますが、家庭で使っている電話機にせよ、携帯電話せよ、モバイルにせよ、「ヨミ」は自分で勝手に変更可能です。

   ならば「ヨミ」の五十音順はどんなルールによって並んでいるかというと、例えば家庭用の電話機の順番は「001」「002」「003」、そして、携帯電話やモバイルは、「あ001」「あ002」「あ003」。もし家庭の電話機の順番を渡辺、吉田、川上にしたければ「ヨミ」を渡辺「001」吉田「002」川上「003」にすればいいのです。

ヘレン・メリルの素敵な歌声

   ジャズのスタンダード・ナンバーに「You’d Be So Nice To Come Home To」があります。日本語に訳すと「帰った時のあなたは素敵」ですが、誰もこの訳は口にしないで、大抵のジャズ・ファンは「ユビソ」。1943年の映画「サムシング・トゥ・シャウト・アバウト」の挿入歌だそうですが、私は観ていません。

   作詞も作曲もかの有名なコール・ポーターで、この年のアカデミー歌曲賞にノミネートされましたが、残念ながら受賞を逃しています。和田誠さんが書いた「いつか聴いた歌」によると、軽いミュージカルものだとかのこの映画、輸入されていないようで、映画好きの私が観てないのは当然だったようです。

   和田さんが歌詞をこの本で紹介していますが《帰った時のあなたは素敵 風が子守歌を歌う時 暖炉のそばのあなたは素敵 あなたは私の望むすべて 凍てつく冬の星の下でも 燃える八月の月の下でも あなたは素敵 あなたは天国 帰った時に あなたに愛があれば》。これに実に魅力的なメロディが付いています。

   ところで、この曲を有名にしたのは何といっても「ヘレン・メリル・ウイズ・クリフォード・ブラウン」というアルバムで、編曲はまだ21歳のクインシー・ジョーンズ。クリフォード・ブラウンが実にいい調子でトランペットを吹き、ヘレン・メリルの素敵なヴォーカルが見事にマッチングしていて何度繰り返し聴いても飽きません。是非!

難しい日本語の二人称代名詞

   丸谷才一さんの「日本語相談」にパーティなどで名前の知らない人への呼びかけはどうすればよいかという質問がありました。確かに日本語の二人称代名詞は難しいですよね。先日、テレビ朝日の「じゅん散歩」を観ていたら高田純次さんが八百屋の店主に「大将」と言ってましたがこれが適切かも知れません。

   また、独身か結婚してるかも解らない女性に「奥さん」とも言えませんし、「おねえさん」も失礼ですし、非常に困ります。丸谷さんは、日本語は二人称だけが難しいのではなくて、一人称だって三人称だって厄介と言ってます。しかし、最も苦労するのが二人称で、例えば「おたく」と呼ばれるのがイヤな人がいるので注意が肝要。

   ちょっと、二人称にはどんなのがあるかと言うと「あなた」「あんた」「君」「お前」「貴様」「そちら様」「おたく」などがありますが、何だか初対面の人にも、何度も顔を合わせている人にも使い難いものばかり。丸谷さんは《上手な日本語は人称代名詞ををなるべく使わないですませる日本語》と言ってます。

   つまり、敬語を巧みに活用するんだそうです。丸谷さんは《我々はパーティで「源氏物語」の作中人物のように口をきけばいい。例えば「何か食べませんか?」ではなくて「何か召し上がりませんか?」》。と言えば、呼びかけなどなくても大丈夫と言ってるようです。、でも、冒頭の答えにはなってない気がしました。

「静の舞」の歌に怒った源頼朝

   ふと本箱の中の歴史小説の作家楠木誠一郎著「源義経111の謎」という本が眼に留まりました。義経が好きで、昔、買った本ですが、目次を眺めていたら、静御前が身重の身体で、頼朝と北条政子の前で舞った「静の舞」のことがあり、文治2年(1186年)4月8日に思いを馳せて書きたくなりました。

   鎌倉に連れて来られた静御前は、一ヶ月経ち頼朝の妻の北条政子が「天下の舞の名手がたまたま鎌倉にいるというのに、その芸を見ないのは残念」と言いだし、頼朝をせっついて踊らせることにしたのです。しかし、静御前は、最初、体調が悪いなどの理由でかたくなに固辞しましたが、頼朝の命令には背けません。

   鶴岡八幡宮の舞台で歌を歌いながら舞った時の歌は《よし野山 みねのしら雪 踏み分けて 入りにし人の あとぞ恋しき しづやしづ しづのをだまきくり返し 昔を今になすよしもがな》。何しろ、その舞は壮観で、塵一つ立たない優美なものだったと「吾妻鏡」に書いてあるそうです。

   でも、頼朝は怒りました。歌った歌の内容が、義経を慕っている歌で、それを私の前で歌うとはとカンカンです。これを聞いた北条政子は「あなたが流人として伊豆にあった時、私は父北条時政に引き裂かれた。それでもあなたのもとに走った私と静御前の心境は同じです」と助けたことが、これも「吾妻鏡」にあるそうです。

イチロー選手の日本復帰の話

   「週間文春」2月1日号にイチロー選手の日本復帰の可能性について書いてありました。それによると、1月18日のアメリカのスポーツ紙に「イチローの日本復帰を代理人が示唆」と言う見出しの記事が載り、日本球界を騒然とさせているんだそうです。ともかく、現在、メジャーからはどこからも声が掛かっていません。

   また、MLBの公式サイトに掲載されたもう一つの記事は《マーリンズからFAとなったイチローについてメジャーからオファーがなければ日本球界に復帰する可能性を代理人が示唆した》というのです。ところで日本復帰の最有力候補は古巣のオリックス、ついで地元名古屋の中日ドラゴンズが取り沙汰されています。

   愛工大名電工よりイチローをスカウトし、現在も親交のある水野恭祐氏は「最終的にアメリカで決まるだろうけど、本心は、そりゃドラゴンス来てほしいよ(笑)、セ・リーグでタイトルを獲って欲しいしね。ただオリックスは仲のいい福良淳一氏が監督だし、現役時代に外野を一緒に守った田口も二軍監督」と有利性を言ってます。

   MLBの別の担当記者は《今のところイチロー選手の選択肢に日本球界は無い。代理人も「日本復帰ついて考えたくない」としか言及してなくて、まだアメリカ球団との交渉が続いている。…》と言ってますが、難しい状況に置かれているのは事実です。年も明けたこことだし、果たして44歳のイチロー選手はどうなるのでしょうか。

WOWOWで「イーグルス」

   映画、音楽、スポーツ観戦が好きな者にとって、WOWOWは非常に大切な会社です。今年2018年1月14日、ロック・バンド「イーグルス」の生い立ちから、数多くのヒット曲を生んだ背景を放映したので録画して観ました。クラシックとジャズで耳いっぱいの私は、普通、ロックはあまり聴きません。

   しかし、「ローリング・ストーンズ」と「イーグルス」は私の音楽的感性が合ってるようで時々聴きます。特に「イーグルス」のヒット曲、「テイク・イット・イージー」「ならず者」「呪われた夜」「ホテル・カリフォルニア」など好きで、ことに「ホテル・カリフォルニア」など何度繰り返し聴いたか解りません。

   ウィキペディアによると、1971年にデビューした当時はごく民主的なバンドだったのが、次第にメンバー間の軋轢が激化して、実質的に主導権を握ったドン・ヘンリーとグレン・フライの2人の日頃からの高慢な態度にバーニー・レドンは我慢出来なくなり、1975年12月に「イーグルス」から脱退しています。

   ともかく、1976年に「イーグルス」の代表作となる「ホテル・カリフォルニア」を発表、13本ものギターを重ねた完璧なサウンドによって、1970年代のアメリカン・ロックを代表する曲の一つになりました。あまり、ロックに馴染みがない音楽ファンもこの曲ばかりは魅力を感じるのは間違いありません。是非、聴いて下さい。

大変そうな演奏家の日常

   NHK交響楽団、つまりN響の第一バイオリン奏者を32年間務めた鶴我祐子さんが書いたエッセイ集「バイオリニストは目が赤い」実に面白いです。何しろ、クラシック音楽は目茶苦茶に好きでも、演奏家の日常を知らない私にとってこの本は誠に面白い読み物と言ってよいでしょう。

   その中から演奏家の「譜読み」の話を読んで、コンサートの前に演奏家が苦労していることを知り、ご存知ない方のためにお教えしたくなりました。「譜読み」とは知らない曲や新作を演奏家がリハーサルの前に家でおさらいをすることをいい、オーケストラ人生の大部分はこれでつぶれるんだそうです。

   バイオリン・パートの「譜読み」は特に大変で、音域が高いので目立つし、大曲になると、五、六十ページもあり、それを手探りで弾けるようにしていくのです。鶴我さんは《もうイヤンなっちゃう、おもしろくもナーンともないですよ、たとえ通して弾けるようになっても、それは全体の一部分でしかない》と書いてます。

   鶴我さんの「譜読み」のスタイルは《だいぶ前から以下に落ち着きました。まず、近所の公園をひと回りして、よその犬をなでて帰り、バイオリン・ケースを置いて楽譜をたてかける、大声で「あーあ」と言ってから、切りくずしていく。フレーズも速さもも無視して》。何だか、演奏家って大変そうです。

街の「将棋クラブ」の仕組

   若い頃将棋にコリ、会社の休日には「将棋クラブ」に入り浸ったことがありました。よく行ったのは、JR神田駅のガード下の店で、店主が引き合わせてくれた知らない人とそれこそ真剣に将棋を指したものです。「将棋クラブ」をご存知ない方のために、それがどんな所か簡単に紹介しましょう。

   まず、入店の登録をする時に、自分の実力を店主に自己申告します。私は新聞や雑誌に載っている詰め将棋の問題がちょうど「初段」が適当だったので、おこがましくも「初段」と申告しました。そして、なにがしかのお金を払うと、店主は氏名と段位が書いてある小さな対戦表をくれて将棋クラブの会員です。

   会員表に段位が書いてあって、店主はそれを見ながら対戦相手を選び、対戦表に名前を書き入れ、大声で○○さんと呼びます。すると、名前を呼ばれた人が店主の所にやってきて、二人は空いている将棋盤の前に坐り対局の開始です。その店は対局時計は置いてないので、着手は常識の範囲で判断しました。

   対局が終わると、二人は一緒に対局表を持って店主の所に行き、店主は対局表に○か×を書き入れて預かるのです。次に店に行った時に氏名を言うと、相手を引き合わせてくれます。そして、5連勝すると1ランクアップ。私が「将棋クラブ」と決別した理由は、店内に立ちこめた凄まじい煙草の煙でした。

「駄ジャレ」を聞く人の心得

   東京大学名誉教授の小田島雄志著「駄ジャレの流儀」に《「駄ジャレ」を聞く人の心得》が書いてあります。まず小田島さんは「駄ジャレ殺すにゃ刃物はいらぬ 冷たい目で無視すればよい」。駄ジャレを飛ばす人は笑わそうとしてるのですが、ニコリともしないで無視されたら一たまりもありません。

   もう一つ、駄ジャレ殺しの必殺技は「そんなこと言ってると、しまいには笑っちゃいますよ」。ともかく、駄ジャレを言う人は相手を笑わせようとして、頑張っているワケですから、相手によっぽど敵意を持っていなかったら、何らかの反応を示してあげるのがエチケットということでしょう。

   また、逆に反応が早すぎるというフライング・ミスを犯さないことも大事と小田島さんは言っています。前に小田島さんが「アメリカ映画に神社が出てきたことがあったな」と言ったら相手はすかさず「ジンジャー・ロジャース(アメリカの女優)ね」と言って悲しい思いをしたことがあるとか。

   つまり、相手がけげんな顔をしたら言おうと思っていたことを先に言われてしまうと、もうオシマイ。これは「笑点」の中でキクちゃんがよく経験していることです。小田島さんは「駄ジャレを生かすも殺すもあなた次第」と言ってますが、無理に笑わなくてはならないような駄ジャレは言わないで欲しいものです。

«「見ないで捨てる」テクニック